美容師ブログ

美容学校の就職ガイダンスで気をつけること

更新日:

どーも、長岡市の超絶人気美容師ハッタさん**です。

今日もすべての美容に愛されてました。

ハッタ
ありがとう、美容

明後日に美容学校への就職ガイダンスを控えたこのタイミングでの学生の来店はとてもありがたいタイミング。

学生が企業側(美容室)を知りたいのと同じように、企業側も学生さんを知りたいのです。

今をときめく美容学生が企業の何を知りたいのかを知りたいのです。

予め美容学生さんの声を聞いておくかおかないかはだいぶ違います。

 

 

▼実際に就職ガイダンスに参加して来た感想はこちら

多くの美容室が勘違いする就職ガイダンスの場

美容師になりたいという学生の人数がかつてのカリスマブームの盛り上がりの頃から減少傾向にある中で、学生さんを大勢相手にできるチャンス。

美容学生がお店に来てないとどうしてもそこで思いっきり企業側がアピールを仕掛けて次年度の採用を目指します。

  • 「うちのお店は〜」
  • 「〇〇がいっぱいで〜」
  • 「勉強熱心です〜」

などなど。他とは違いますよと自分のお店をアピール。

実はこれこそが大きな勘違い。

“他とは違いますよ〜うちのお店は〜”はどこのお店も言っていることなのでなんのアプローチにもなりません。

全くもって他のお店と同じことを言っている状態なので、話を聞きに来た学生からしてみたら

  • 「またこの話か」
  • 「先生も見てるから一生懸命聞いているフリをしよう」

になってしまいます。

学生が何を知りたいかが重要

多くの美容室がガイダンスで話してしまいがちな内容は総じて言うと

「うちのお店は美容室です」

ということ。

美容学生さんは当然知っています。なので学生さんの知りたいことはそこではありません。

  • その美容室で働くとどうなるのか?
  • どんなことができるのか?
  • 人間関係は?

学生さんが知りたいポイントは自分がそこで働くことのメリットと働いている自分のイメージです。

イメージ

なので限られた時間の中で相手が働いているイメージを起こせるようなトークをしなければいけません。

しかし、想定を超える人数が集まってしまっては一人一人に親身になってあげる時間はとれないので難しいところです。

まずは学生さんが個々で違った意見・質問を持っていて当然なので、早めにお店の概要を終わらせて学生の質疑応答を始めることが望ましいです。

資料を作っておく

さっと目を通せばお店の概要がわかるようにしておけば、次に進みやすくなります。

プリントにしておくもよし。パワポで流しておくもよし。写真動画を用意しておくもいいでしょう。

だれもがわかるものがあれば大丈夫です。

時間を決める

どんなに長くても概要の説明は何分までというのを決めておく。

どのみち質疑応答で学生さん側から聞かれるのでムリに何でもかんでも喋らない。

 

説明会は一方的なものではない

すべて自分で司会進行しようとすると、学生さんは聞いているだけなので何も面白くないです。

そこにいる意義を持たせるために質問をしてもらうように促しましょう。

自分で発言することによって脳が記憶するので、ただいて話を聞いてもらっているよりもあとで思い出してもらいやすくなります。

コミュニケーションをとることにより距離が縮まるのでインターンシップ(夏季実習)に来てもらいやすくなり、採用面接に繋がる確率が上がるので積極的に会話をしましょう。

スポンサーリンク

自分が学生だったらどんなお店・オーナーを選ぶか

「もしも自分だったら」

その気持ちを忘れてしまったら学生はまったく寄りつかない企業になるでしょう。

自分が若くて美容業の右も左もわからない状態だったとして、いきなり偉そうな人が偉そうにドヤ顔で話して来たら?

当然引きます。

しかもオーナーの立場であれば30代以上の方がほとんどでしょう。時代が違います。

「俺が若い頃は〜」

「私の時代は〜」

絶対ダメですね。だれが好き好んでそんな時代遅れな美容室を選ぶのかっつーの。

学生の目線になってどんなところに行きたいかを考えましょう。

どこのお店も「明るく元気で素直な子」が欲しいと思います。

まずは説明する本人がそうでなければ説得力がないですし、望む学生も来ません。

黙ってても学生が寄ってくるほどの有名店・人気店であれば何をしてもいいと思いますが、そうでないのであればそのお店にない武器を持つ必要がありますし武器は難しいものではありません。

単純に「明るく元気で素直なオーナーです」で十分でしょう。

 

まとめ

主役は学生さん。

自分のブースに来てくれたらありがとう。

話を聞いてくれてありがとう。

サロン見学に来てくれたらありがとう。

面接に来てくれたらありがとう。

ここまで学生さんが主役になって、内定を出せるかどうかを考える時間が来たら企業が主役。

就職ガイダンスでは張り切りすぎて空回りをしないように気をつけましょう。

 

今は丸2年新卒の子が入ってきていないので上手にアピールしてきます。

空回りは気をつけます。

 

 

 

 

おしまい

合わせて読まれる記事

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

ハッタさん

新潟県に生まれ美容師として働きながらWEBの勉強をしております。

自分のお店のホームページと自分のブログをメインに扱い、こっそりと違うサイトを作って小遣い稼ぎ中。

自社サイトやブログを立ち上げたい時には是非ご相談ください。

プロフィール詳細はコチラ

-美容師ブログ
-, , ,

Copyright© 厚顔無恥な美容師のブログ , 2017 All Rights Reserved.