ブログ

天野喜孝のファンタジーアート展へ!初めて絵が欲しくなった話

投稿日:

どうも、私小さい頃からファイナルファンタジーへの憧れを持っていました。

その理由として『天野喜孝』の描いた絵にあります。

どうにもこうにもあの世界観のある絵を見るとワクワクが止まらない不思議な感覚になれます。

▲飛天Ⅴ

こんな不思議できれいな絵に惹かれて、行ってきました!

ありがたいことに長岡市のハイブ長岡でファンタジーアート展が開かれ、さらに月曜日までやっているとのことで初めて個展を見に行ってみました。

 

 

入り口から壮観です。

中は撮影禁止なので撮ってこれなかったですが脳裏にしっかりと焼け付けてます。

 

 

天野喜孝のファンタジーアート展に行ってきた率直な感想

ハッタ
死ぬほど感動

家に絵を飾りたいと思ってしまった。

てゆーか、絵の展示会かと思ったら販売までしてたのね。

担当のお姉さんみたいな人がバッチリついて一つ一つ説明してくれました。

普段、服を買いに行って店員がマークしてくると心からウザいと思ってしまうオレも、天野喜孝の絵の前ではそのようなことも思うことなくたくさんの話を聞いてしまいました。

ファイナルファンタジー1〜6までのイラストを担当

天野喜孝 FF」で検索するとこんな画像がでてきます。

FF7以降はタイトル・ロゴだけ担当していたらしいです。

FF6のパッケージになった「ティナが魔導アーマーに乗っている絵」は天野喜孝が最高傑作ができたと行っていたみたいです。

有名な絵なので購入する人が多いようです。

個人的にもこの絵は大好きな絵でしたが、ホンモノを見たらすげぇ〜の一言しかでなかったです。

そんな話をしながら気がつくと4日間で買っていった人の話になり、一生で何枚も必要ないけれど気に入った1枚は自分のために買うのもおすすめとの話に。

ハッタ
スタッフの方、営業上手だなぁ笑

 

ただね、本当に1枚はほしいなって考えてしまったのはあります。

増版はしないらしいので世界で枚数が限られているらしいですね。しかも購入した絵は天野喜孝本人がちゃんとチェックして大丈夫なものならエディションナンバーを書いてくれるらしいです。

最初50万だった絵が100万円に上がることも珍しいことではないのだとか?

ただお金の話が出てきてからはなんか違う気がしてきたので、今回はやめときますと。

気に入ったものであればどんな価値であってもかいますが、値段が上がるというのはあの場では若干無粋かなと感じてしまったので。

 

素晴らしすぎる絵

買う買わないは置いておいて、本当に素晴らしい絵ばかりでした。

タツノコプロの「みなしごハッチ」とか「ドロンジョ」とか「ガッチャマン」まで描いていたなんて全く知らなかった。

見たこともない絵に吸い込まれるように時間を忘れて見入ってしまって…

こんな経験ができてよかったと感じています。

天野喜孝」でGoogle検索するとこんなにも素晴らしい絵が出てくるのでぜひとも見てみてほしいですね。

 

さいごに

予約して見に行った際に特典でいただいたクリアファイルです。

こんなマウスパッドもあったのですが、どっちがほしいかよーくよーく考えて、その結果クリアファイルを選びました。

入場がタダでお土産までもらってしまうなんて、絵も買わずに申し訳ないですが、いつか懐があったまっていたらそのときは気持ちよく絵も買わせていただきますのでその時まではお待ち下さい。

 

 

 

おしまい

 

 

合わせて読まれる記事

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

ハッタさん

新潟県に生まれ美容師として働きながらWEBの勉強をしております。

自分のお店のホームページと自分のブログをメインに扱い、こっそりと違うサイトを作って小遣い稼ぎ中。

自社サイトやブログを立ち上げたい時には是非ご相談ください。

プロフィール詳細はコチラ

-ブログ
-,

Copyright© 僕の私の脳内メモ , 2018 All Rights Reserved.