ブログ

実は人体に有害な物質を含むものが巷に出回っていた

更新日:

こんにちは

最近の撮影でおフェロ系な雰囲気で撮影できてめっちゃ気分が高まってしまっている万能型美容師ハッタヒロユキです。

ワタクシおフェロ系雑誌「ar(アール)」が好きで、中でも森絵梨佳渡部麻衣が好きです。

好きすぎます。

この頃、色っぽい女性に惹かれます。

知らない人はググってください。

で、本題

大手100均に有害物質入りのマニキュアが堂々と販売されていた

朝のテレビでアサイチってあるんですけど、先日テレビつけたらたまたまアサイチがついて有害物質が含まれる商品が売ってましたよ(今は自主回収されたとのこと)って話題になってました。勝手に大手って言ったらダ○ソーじゃねぇか?なんて思って身近に危ないもんがあるもんだと感じました。

ホルムアルデヒドはアミノ酸や生体異物を代謝する際、内因的に生成し、ホルムアルデヒドに暴露されていない人でも、血液中ホルムアルデヒド濃度が2.61 ± 0.14 μg/g(ほぼ2.6ppm)との報告がある。

人体へは、濃度によって粘膜への刺激性を中心とした急性毒性があり、蒸気は呼吸器系、目、のどなどの炎症を引き起こす。皮膚や目などが水溶液に接触した場合は、激しい刺激を受け、炎症を生ずる。ホルムアルデヒドはWHOの下部機関である国際がん研究機関によりグループ1の化学物質に指定され、発癌性があると警告されている。

いわゆる「シックハウス症候群」の原因物質のうちの一つとして知られる。建材、家具などから空気中に放出されることがあり、濃度によって人体に悪影響を及ぼす。

(参考元:wikipedia

今回のマニキュアだけでなく過去にもいろいろと市場に出回っていたものがあるらしく、モザイク付きで出てました。もちろん発覚後はすべて回収がしてあるらしいです。

IMG_3618

ちゃんと調べる機関があっていろいろと調査しているみたいです。

 

IMG_3622

こんなハンドクリームにも

IMG_3626

ボディーローションにも

IMG_3627

泥パックにも

 

IMG_3628

お肌に直接つけるものにこんなにも含まれていたみたいです。

IMG_3629

ほかにもこんな身に着けるものにも含まれていたことがあるようで・・・

いったいどうなってんじゃい!!って感じですね。

衣類にも微量に含まれていることもあるらしいのですが水に溶けるらしく、一度洗濯すれば問題なく身に着けることが可能であるとのこと。

 

まとめ

なるべく情報番組やニュースは見るようにしようと改めて思いました。間違った情報もあって踊らされることはあるだろうが、いろんな知識・雑学は持ってるにこしたこたぁない。

「ハッタさんって何でも知ってるのね」って言われるように頑張ります。

 

 

おしまい

 

よく読まれる記事

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

ハッタヒロユキ

新潟県に生まれ美容師として働きながらWEBの勉強をしております。

自分のお店のホームページと自分のブログをメインに扱い、こっそりと違うサイトを作ってます。

自社サイトやブログを立ち上げたい時には是非ご相談ください。

http://llacitta.com

-ブログ
-

Copyright© ハッタブログ , 2017 All Rights Reserved.