ブログ

自分にしかできないことをやる美学

更新日:

どーも、みんなが帰宅した後もくもくとパソコン作業をする美容師ハッタさん**です。

月末が近づくにつれやることが多くなって不眠な日が続きます。そんな時は自宅に帰ってあったかいご飯が出てくることを夢見ます。

あぁ、いつから彼女がいらないなんて思うようになったんだろう。

今日も元気に来月の告知ページ作成

また来月のためのホームページを作ってます。

特に来月は・・・

ララチッタ4周年の月!!

いやー早かった。もう4年。思い返せば・・・

 

あ、時間なくなるからいいや。

 

また画像作成ツールのGIMP

こんなん見て「わかるわかるー」なんて言う美容師ほっとんどいないっしょ!?

もぅ時間がかかってしまって、、、泣ける。

早く帰りたいと考えならも、、自分のブログを先にやるってゆーね。

来月も繁盛を祈りながら。

 

コツコツ、、コツコツと

こういうのやってたって誰も評価してくれないのよ。

ワシら美容師だから。

客数掴んで売り上げ作らないとだれも褒めてくれないの。

じゃぁなんでやるのかって??

 

ハッタ
オレしかできない仕事だからだよ

 

自分しかできないことに必要性を

人と同じ仕事してても成果って出ないし、どんぐりの背比べになってしまうからお店の中でも違ったベクトルの強みを作っていかないといけないんです。

一方向のベクトルはX軸方向のみに動いていって線にしかならなくて、そこにもう一つのベクトル(Y軸方向)が働くと縦と横の動きができてお店の強さがX*Yになります。

これにさらにもう一つのベクトル(Z軸)を掛け合わせると

ぐんぐん強みが増していきます。

当たり前のような考え方のようですがこの個性という名のベクトルを育てていくのはすごく難しくって、お店に合わずはみ出てしまうような個性は「いらない」といわれ排除されてしまいます。

それがお店の決まった枠。つまりは限界ですね。

許容量いっぱいいっぱいなお店は人が入っても確実にもとの定数に戻ります。なぜなら、その個性が必要とされていないから。

不思議な話です。

求人を出して雇ってもキャパがないのでやめてしまう。そんなお互いムダな行動とっていいのか?

美容師って個性(≒エゴ)の塊で、誰かのいうことを聞くのが苦手で自分の意見意思を表現するのが好きな職です。どこかで飛び抜けた個性を持って武器にさせた方がお店の力に変わるんだと思っています。

個性を排除しないで共生していろんな方面で強いお店を作っていくためのオリジナリティを。

やりたいことをやり抜く強さを育てる

それがララチッタ。

 

 

 

 

おしまい

合わせて読まれる記事

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

ハッタさん

新潟県に生まれ美容師として働きながらWEBの勉強をしております。

自分のお店のホームページと自分のブログをメインに扱い、こっそりと違うサイトを作って小遣い稼ぎ中。

自社サイトやブログを立ち上げたい時には是非ご相談ください。

プロフィール詳細はコチラ

-ブログ
-, ,

Copyright© 厚顔無恥な美容師のブログ , 2017 All Rights Reserved.