ブログ

美容室こそデジタルを活用して集客にオリジナル性をもたせるべき

投稿日:

デジタルソーシャル

どうも、私デジタルコンテンツが大好きな美容師ハッタさんです。

先日ソーシャル系の勉強をするため東京は代々木へ行ってきました。

学んできた内容は『デジタルの活用法・ソーシャルを使う理由』

美容師は最先端のアプリとかを使いこなしているようだけど、実はアナログな人間がほとんどだから多様なSNSを活用しきれていないということがわかりました。

昨今の美容業界は、他業種の大手集客サイトに頼りきっている状態なので、『もっとデジタルを活用して独自の集客をしていくべきである』という答えにたどり着きました。

 

 

デジタルの活用方法?

おそらく美容師さんが、いや普通の人がこの記事を見ても「何の話?」ってなると思います。

それでいいと思います。それが普通です。

ビジネスに絡めたことなんてわからなくて当然です。

ここで言うデジタルとはホームページや各種SNS(facebook、Twitter、Instagram、LINEなど)を指します。

携帯電話(スマホ)所持率が一人1台以上の時代

今や国内の携帯電話契約数が1.7億台を超えており、国民一人あたりが1.4台の携帯電話を所持している計算になります。

SNSにいたっては、2人に1人が何かしらのSNSを利用している計算になります。

TVでも特集がありましたが、どんなに知らない人同士でも間に7人介せば、どの人にでもたどり着くんだそうで。

それだけ、SNSを通じて世界中の人がつながっているということですね。

>>総務省統計局・人口推移

 

インターネット接続に関して

毎日インターネットを利用している人
95%
通勤時 待ち時間 TVを見ながら 寝る時
46% 33% 25% 44%

スマホ所持者の中の95%もの人が毎日毎日インターネットを活用しているということ。

検索であったり、SNSの利用であったり、動画の閲覧であったり動機は様々です。

 

携帯を他の各種デバイスよりも頻繁に使う

1日のデバイス利用時間
スマホ・携帯 145分
テレビ 125分
パソコン 68分
タブレット 15分

2015年の集計ですが、すでにテレビを見る時間よりも多くなっています。

スマホに費やす時間が増えていっている分、テレビを含めその他のPCやTabは利用頻度が下がってきています。

同じインターネットを利用するデバイスでスマホとPCを比べても2倍の開きができています。

 

スマートフォンに入れてあるアプリの使用頻度とアプリ数

1ヶ月の利用回数 1回以上利用 2回以上利用 10回以上利用
2014年7月 27個 19個 9個
2016年7月 30個 22個 12個

▲デフォルトで入っているアプリ(電話・カメラなど)は含まれていません。

アプリは必要以上に入れていませんという人は多いと思いますが、平均してデフォルト以外のアプリを60個は入れているという調査結果がでています。

私も70個ほど入っていました。

10回以上利用されているアプリはおそらくSNS系、カメラ系、ニュース系が多いのではないでしょうか。

 

実際によく使われているアプリランキング

全体 20代女性
1位 LINE LINE
2位 Facebook Facebook
3位 Twitter Twitter
4位 Yahoo Instagram
5位 マクドナルド FBメッセンジャー
6位 FBメッセンジャー クックパッド
7位 楽天 マクドナルド
8位 ツムツム ツムツム
9位 Instagram 楽天
10位 Amazon Hot Pepper Beauty

▲2016年度の集計結果です

全体・20代女性ともに、この段階でSNS系が10位以内に5種類入ってきています。

(2017年では調査すればfacebookはガクッと落ちていると思いますが…)

やはりスマホはコミュニケーションツールとしては最強なようです。

 

これがどういうことか?

  • コミュニケーションのためにスマホを見る時間が長い
  • 情報は本ではなくネットで探す

ということはなんでもネットで完結できちゃう時代がもう来ているということですね。

 

集客にデジタル化を利用しない手はない

これだけデジタル情報社会になってきていて、さらに無料で独自に作り上げることができるデジタルコンテンツがたくさんある中で、他のお店と同じ土俵で競争をしているのはもったいない。

ふだん何気なく発信している情報は、世界中の情報のなかのたった一つに過ぎません。

世界中の砂浜の砂の数が1.8ZB(ゼタバイト)と言われていますが、情報量は砂の数と同じ。

豆知識:データの単位

1000B(バイト)≒1KB(キロバイト)
1000KB(キロバイト)≒1MB(メガバイト)
1000MB(メガバイト)≒1GB(ギガバイト)
1000GB(ギガバイト)≒1TB(テラバイト)
1000TB(テラバイト)≒1PB(ペタバイト)
1000PB(ペタバイト)≒1EB(エクサバイト)
1000EB(エクサバイト)≒1ZB(ゼタバイト)
1000ZB(ゼタバイト)≒1YB(ヨタバイト)

近い将来の予測では、2020年には世界中の情報量が35ZBまで増えるのではないかという推測です。が、間違いなく届くでしょうし、遥かに多くなるとも私は考えています。その量は2007年までに書かれた書籍の情報量の合計の300万倍にもあたります。

世界中の砂の中から自分の一粒の砂をすくい上げてもらうというのは、至極困難な話です。なんとなくで発信した情報は誰にも見られることなく過去の話となるでしょう。

その発信した情報を届けるべき人に向けて使うべきものが、SNSであったりホームページやブログであるということ。

使い方によって集客をかけてい相手に届きやすくなったり、相手の検索に引っ掛けることもできるようになるのでお店単位に個別で話し合う必要があります。

自分たちのお店の特色や、個人でもコンテンツを作ることはできるので「集客の仕組みづくり」をイチから組み立てていくようにしたい。

『情報は意識して発信することで相手を狙えるようになる』のです。

 

集客につなげるにはどうすべき?

  1. 集客の土台となるホームページの強化
  2. 話題性を集めるためのSNSでの拡散
  3. 単発NG!継続は力なり

これに尽きます。

1:ホームページの強化

ここに集めたいというベースとなるホームページがおざなりな状態では何がしたいかわからなくなります。

まずは集客の土台となるホームページをしっかりとしたプラットフォームとなるように作り直します。

プラットフォームを育てるにはコンテンツの充実を図らなければいけません。

  • ウリになるメニューは何か?
  • 推したいメニューは何か?
  • 来店してもらうことのメリットは何か?

わかりやすく表示して、誰でも見やすいようにする必要があります。

その中でも、キラーコンテンツとなるものを一番に推すような内容のページを作っておきます。

そうすることでホームページに飛んできた見込み客にとっての、決定打になりやすいです。

※個人のブランディングであればブログがいいと思います。

 

2:SNSでの拡散

核となるホームページの強化ができたら、そこに誘導できるように導線をしきます。

そのためにはSNSなどで広く拡散できるツールをつかいます。今は影響力でなら『Instagram>facebook>Twitter』でしょうか。

各SNSのプロフィール欄やコメントの部分に『今、見てほしいホームページ』のURLを貼り付けておきます。

そうすることで旬な情報へと自然に促すことができるようになります。

またInstagramなどでフォロワーを増やすことにより固定で見てくれる数が増えます。

注意あまりURLでホームページへの誘導ばかりすると広告感が強くなっていやらしいアカウントになってしまいます。

 

3:継続すること

何よりも大切なのは『継続』です。

なんのために継続するか?

それは見てくれている人の潜在意識のところに「そういえばあったな」程度でも植え付けるためです。

「いつもなにかやっているな」とか「よく見るな」というような何かしらの印象を与えておくことで親近感を与えておき、いざ行っていようかなというハードルを下げることができます。

人は全く知らないものよりも、少しは知っているものに安心感を示す生き物。

その安心感は『行ってみよう』というアクションを起こしやすくするトリガーになります

パッと出てパッと消えていくような、そんな儚いビジネスはしないようにしたいところです。

 

出来ることと出来ないことを明確に

「SNSでの拡散」や「継続」は個人でも出来ます。

が、ホームページまでいじるとなると個人の域をはみでて、お店単位もしくはオーナーの仕事にもなってきます。

ブログをしている個人であればいいのですが、お店のホームページとなると簡単に変えることのできないところなので、まずは『SNSの継続』をメインに行動していくと良いです。

もしも本気で何かを変えていこうという気持ちがあるのであれば、自分でホームページを運営することをおすすめします。

参考自分で作るホームページ手引

参考WordPressでブログ開設するおすすめの方法

参考人に読んでもらうためのwebライティング

 

 

 


[[まだ編集中・続く]]

 

●初心者向けデジタル集客におすすめできる良本

合わせて読まれる記事

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

ハッタさん

新潟県に生まれ美容師として働きながらWEBの勉強をしております。

自分のお店のホームページと自分のブログをメインに扱い、こっそりと違うサイトを作って小遣い稼ぎ中。

自社サイトやブログを立ち上げたい時には是非ご相談ください。

プロフィール詳細はコチラ

-ブログ
-, ,

Copyright© 厚顔無恥な美容師のブログ , 2018 All Rights Reserved.