ブログ

結果を出したときはいつだって全力で、本気で取り組んだときだった

更新日:

どーも、拙い数の成功事例を持つ美容師ハッタさんです。

成功というのは数多の失敗の上に成り立っているものであって、成功の連続のみで生きている人間なんていないと思っています。

そして成功したのか失敗したのか判断するには、先を予見しておかなければできないものです。

予見するためには成功に近い経験と明らかな失敗を経験すること。

一回や二回なんて微小な回数ではなく、できることなら数百〜数千以上の経験をするべきだと思います。

常に成功を望み挑み、失敗を経験に変え、成功への礎に。

失敗を恐れ、成功から遠ざかるのであれば、時間を無駄にするので違うことに時間を割いたほうがいいと考える。

 

失敗ありきの成功

かの有名な発明家エジソンだってアホみたいな回数失敗してきて、数々の発明品を作ってる。

彼の言葉(?)で

Genius is one percent inspiration, 99 percent perspiration.

天才は1%のひらめきと99%の努力

こう言っています。

天才と呼ばれる人間もたくさん失敗してきているし、その中のほんのわずかな努力の一部が実って評価を受けたのです。

努力もなしに失敗の経験を踏んでいこうなんて虫のいい話。

結果を残すためには努力の繰り返しが必要なんです。努力もしないで成功しようなんて近道があるなら教えておくれ。

そもそも近道を探すという行為が一つの努力であります。

だがしかし、熱心なエジソンファンの方は

1%のひらめきがなければ99%の努力に意味がない

とも言っています。

これはたしかに、あるあるな話です。

例として

  • 「上手に魚を3枚におろす」という目標に対し「魚をさばく練習」をしないで「包丁を研ぐ」ことをするだけ。
  • 「車の免許を取得する」という目標に対し「自動車学校」に通わないで「車のゲーム」ばかりする。
  • 「マッチョになる」という目標に対し「筋トレ」をしないで「プロテイン」を飲むだけ。

など、要は的はずれなことばかりして「努力はしています」と口では言う。

結果を求めるための努力じゃなくなっているのは要領が悪すぎるんですよね。

「新潟から東京に行きたいのに東京は下にあるから下りに乗ればいい」って言うのと同じレベル。

学・気づき・勘が悪い人にみられる傾向です。

なにが悪いのかに気づけないようでは先に進むのは1億年先になってしまいす。

「頑張っているのに結果が出ない」というのにはきちんと理由があります。

 

本気になる

まずは自分の悪いところに気づく。

目標を立ててあるなら、必ず期限があるはず。

期限がないものは目標とは言いません、願望です

期限があるなら「どうすればその時までに達成できるか」を考える。

一日どのくらい進捗が進めば目標達成のペースに間に合うのかを知ることが大切。

時間には限りがあるので、どれだけそこに時間を割けるのか?

時間がないのであれば、限られた時間を濃厚に有意義に使えるのか?

考える必要がある。

また、考えた内容を実行する必要がある。

PDCAサイクル

目標を立てる→実行する→結果を見る→反省する

PDCAサイクル

『PDCAサイクル』

  • Plan(計画)
  • Do(実施・実行)
  • Check(点検・評価)
  • Act(処置・改善)

 

どれだけこのPDCAサイクルを繰り返せるか。

大雑把にではなく、いかに細かいところでこのサイクルを当てはめていけるかで成長度合いっていうのは差が生まれるものと考えます。

人生に計画を立て、定年までの計画を立て、30までの計画、今年の・今月の・今週の・今日の計画を立てて反省をしていくことで、改善できる事がたくさんあります。

足りないものは何なのか?

この失敗をどうすればいいのか?

成功した理由はなんなのか?

成功を自信に繋げる

振り返らず突っ走るだけの人間は「暴走している」と言われます。

 

楽をするならプランなんて立てる必要がない。

本気で頑張りたいことがあるからこそ、細かく区切って反省をしていく。

何度も何度も。

 

日本一をとったとき

美容学生時代にとあるコンテストで日本一の名誉をいただいた。

 

1年生のときに出場した全国大会で惨敗だったから、2年になったら絶対賞をとると誓った。

ほぼほぼ毎日、先生よりも早く学校に到着し朝練、夜は先生が帰れと言うまで練習。

 

だれよりも練習していた自負はある。

(当時の同期や先生にも確認してみてくれ)

 

でも、2年になって全国行きの切符を勝ち取ったはいいけど出場するコンテステストは1年のときとは違った。

スタイルも違った、規模も知名度も違った。

立てた目標とリンクしない現実は非情にもそんなハッタのやる気を削いでくれた。

先生にこんなんじゃないって言っても現実が変わるわけではなく、これからを受け入れるしかなかった無念さを今でもハッキリ覚えてます。

 

練習に力が入らない…

何のために全国大会にでるんだ?

何のために練習してるんだ?

 

当時20歳くらいの僕ちゃんには辛い時間でした。

そんな気持ちでいても周りにいてくれる人たちはいろんな期待してくれていて、特に後輩からいつも「ハッタさん、ハッタさん」って慕ってもらって。

そのときに思ったのが

『頑張りゃ結果がでる』

ってこと。それを後輩に見せてやるのが自分にその時できる一番の仕事だし、それを目標にすればモチベーションがガッツリ上がると思ったから。

ただ何でもかんでも頑張ればいいってもんじゃないとは思う。

でも、結果を出している人はみんな何かしら頑張っている。

頑張らないで結果は求められない。

 

全国大会に出場するような人はみんな学校の中で頑張ってきた人たちだろうし、結果として評価を受けれるのも一握りしかいないけど、そこに食い込むための全力・本気をだれよりもつぎ込む!

そういった気持ちで練習すれば、自然と先生も応援してくれるし、周りの人も応援してくれた。

 

結果として得たものが日本一という評価であって、ナニと向き合ってナニと戦ってたか?

それは『自分』

甘えることができれば厳しくすることもできる。

立てた目標に対して良い結果をもたらすのに必要なのが「一瞬の厳しさ」だったっていうことはわかりました。

外から得た評価よりも、自分自身で得た未来の可能性を少しでも広げるために、しっかりと本気で自分と向き合うことが必要なんだなと思います。

 

さいごに

こういった過去のことを書くと武勇伝とかかっこつけとか言われることもありますが、そんな目線でしか文章を読んでもらえないようなら伝え方が悪いんだなと反省します。(何かあればコメント欄にかいてください)

自分のレベルの低さを恨みながらもっと勉強します。

伝えたい事がある→ブログを書く→好評批評が来る→勉強する

これも一つのPDCAサイクル。

このブログでは書かないけれど、他に持っているサイトで結果を出すつもりなのでちゃんと取り組んでいきます。

もちろんそのためには本気で取り組むことが大切だと心に留めて。

 

今がダメだと思うのなら、それは次へのチャンス。

自分をが変われば周りが、未来が、全てが変わる。

自分を信じろ、過信はするな。

自分の評価はするな、周りが評価をしてくれる。

評価を自信に次へつなげよう!

 

おしまい

 

合わせて読まれる記事

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

ハッタさん

新潟県に生まれ美容師として働きながらWEBの勉強をしております。

自分のお店のホームページと自分のブログをメインに扱い、こっそりと違うサイトを作って小遣い稼ぎ中。

自社サイトやブログを立ち上げたい時には是非ご相談ください。

プロフィール詳細はコチラ

-ブログ
-

Copyright© 厚顔無恥な美容師のブログ , 2018 All Rights Reserved.