仮想通貨

資産運用

仮想通貨に投資して約5ヶ月。元手から約○倍になったのでその方法を紹介

更新日:

今回は仮想通貨というものに関してブログを書いてみようかと思います。

▼その前に仮想通貨のことを知らない人は予備知識がてら下のを読んでみるのもあり。

仮想通貨とは?
現実に使うことは可能か?

 

仮想通貨で投資

お金

現実に使えるところも少なくてお金としての形もなさないものに投資をするなんて…

 

そう思う人もいるかもしれません。

そういった人は投資や銀行の信託など、資産運用系のものには一生触れない方がいいと思います。

そしてこのページをそっと閉じましょう。

 

仮想通貨に投資をしてみて、最初は何もわからないまま株やFXのようにデイトレードをして赤字になってしまいました。

その時は本当に何もわかっていなかったんです。

正直、仮想通貨の投資怖い・危ないって思いました。

 

しかし、今もなお続く仮想通貨の上昇市場。私とりあえずでビットコインを購入後放置しっぱなしにしていました。

その結果、7月から始めた資産運用が年末年始で最大9倍まで膨れ上がちゃった!!

(書いているときの通貨の時価により倍数が変動していますが、気にしないでください)

 

スポンサーリンク

ここで仮想通貨への投資の歴史を少し紹介

2017年の7月に仮想通貨用の口座を開き、その口座に入れた金額『3万円』

少なっ、、って思われるかもしれませんが、そのときは増やせる確証もなかったのでとりあえずやってみるかぐらいの気持ちだったんです。

今なら2~30万くらいは入れたいなって思いますけど。

んで、株やFXで得た知識を使って仮想通貨のトレードを開始。

 

なんとなく勝っている気がしてたんです。けど、総資産をみてみると

ハッタ
少しずつ減ってる…

なんでや??

後日気づいたのは売買の手数料。思っていたよりも高かった。

よほど資産を多めに持っていて、手数料ですら余裕であれば短期の売買もいいのでしょうが、気づいたときにはときすでに遅し。

 

ー1万円

 

なんか、う〜んってなって資産とろけていくようになくなったので、手をひこうかと思いました。

でも、銀行に預けていても利子がつくわけじゃないしと考え、残ったお金はビットコインに替えて貯蓄くらいのつもりでしばらく放って置きました。

放置プレイが功を奏す

2017年8月28日に日本円(JPY)からビットコイン(BTC)に替えたとき、1BTCあたりの時価が約48万円ほどでした。

 

ビットコイン

 

上の図をみて分かる通り、今に至るまででビットコインがおかしなほど上昇しています。

一番MAXに時価が高いときが約240万円なので、ビットコインを保持し続けていれば今なんなく5倍に膨れ上がっていたことでしょう。

しかし、、、11月の終わりの乱高下が急になったときに

「ビットコインの急上昇は一度ここで止まる!」

って考えて売りに出したことによってビットコインでの投資はいったん終了しました。

 

ビットコイン

 

そのときにBTCを売って得た私のお金がこちら

 

 

+50179円

 

この時でマイナスになって2万円しかなくなったときから約2.5倍になってくれたので、これはこれでニヤニヤしてしまいました。

ハッタ
結果的に勝ててよかったぜ!!

 

ですが、画像の通りビットコインの上昇はこの10日後くらいにピーク(240万円/1BTC)を迎えます。

ハッタ
あぁ…売らなきゃよかった…

 

となると思いますが、逆に落ちることも十分に考えられます。

それはいとも簡単に現実となる。

 

ビットコイン

 

わずか半月の間の超超超乱高下劇!!

もしもこの超上げ下げしているときの高値240万でビットコインを買ってしまっていたら、半月後半分以下に…

なんなら次の日に価値が100万下がってます。

一瞬で資産が半分になってしまうような荒い波がやってきてるので「ずっと持っていればいい」ってもんじゃないです。

(BTCや仮想通貨は1BTC単位ではなく○円で○BTC分買うことができるので、0.05BTC分だけ買うということも可能)

 

売らなきゃよかったとも思いますが、荒波に揉まれて心労が増すよりも、早めに手放して利益を確定させてよかったと思っています。

(利益を確定させることを利確といいます)

で、その頃に若干調子が上がってきていて、世間的にも評価が上がってきていた仮想通貨に乗り換えました。

 

「NEM」と「Ripple」

仮想通貨

ビットコインを売却後に目をつけた仮想通貨が『NEM(ネム)』『Ripple(リップル)』

個人的に今後、仮想通貨を始めようとする人にはおすすめしたい銘柄です。

なぜこの2銘柄を選んだか?

一つは単純に「1通貨あたりの金額が安かった」ので多く保有できるから。

もう一つは「ネット上の情報」で自分がどの銘柄を信じるかです。

 

1通貨あたりの金額が安い

このNEMとRippleは他の銘柄に比べて比較的安かったんです。

 

仮想通貨

▲2017年1月6日午後9時

 

他の通貨が何万円、何千円ってなっている中で、こいつらだけが数百円。

むしろ私が購入したときの時価は2桁!数十円!

安いうちにたくさん買っておいて、他の仮想通貨みたいに数千円まで上がれば…

なんて夢を見てしまいました。まさにロマンを感じる値幅!

とは言っても私も少し上がったときに買ったので、他の投資家よりも利幅が弱めです。

 

NEM(通貨単位 XEM)

NEM 仮想通貨

 

また売りを出した後で急騰してしまうというセンスのない投資をしてしまいました。

結果的に残念な感じですが、一応次の「Ripple」購入のための資金に当てるために円に戻したと言ってもいいです。

なので別に失敗とは思ってません。

 

約53円で500XEM買い

約111円で500XEM売り

約26000円→約55000円

ほぼ倍になったので文句なし。

 

Ripple(通貨単位XRP)

Ripple 仮想通貨

 

騰がりはじめてから時価が揉み合いになったところ82円で最初の購入。

このとき先にNEMを保有していたので余っている金額で適当に。

あれよあれよと急騰していって、いっときは400円台でほぼ5倍に。

そこに至るまでにNEMを売りに出し、円を増やして251円でXRPを追加。

現在も売りに出さず保有中のため、徐々に資産は増えていってます。

 

高値の400円台になったときには、最初の2万円から19万円まで増えて約9.5倍になったのですが、まだあがると予想して多少の上下はあっても売りに出さないと決めました。

今(2018年1月6日22時)では327円と少し下がっていますが、損する気はしないので今後も追加予定です。

 

なぜ損する気がしないのか?

ネットで色んな情報が溢れている

そう、検索すればいくらでも各通貨に関しての情報があるんです。

選ぶ条件としてはやはり「利便性」「将来性」の2つに絞られます。

世界にはいろんな仮想通貨が出回っており、それぞれが何かに特化した特徴を持っていたりするのでその中でも何を信じて投資するのか。

今回は私Rippleを推していますが、その理由は利便性にあるのかなと。

ビットコインの送金にかかる時間が約53秒ほどなのに対し、リップルは約3秒。

どう考えてもRippleに軍配が上がります。

まぁ「ブロックチェーン」と言われる技術が仮想通貨に使われているのですが、Rippleの技術を元に日本の銀行がブロックチェーンを用いて送金にかかる手数料の引き下げに走ろうとしているんですよね。

まだ大手銀行などの一部での試みになっているのですが、ということはつまり、日本はRippleをベースに銀行が変わろうとしているということ。

なのでまだまだ伸びる余地があるということで考えていますが、「投資は自己責任」になるので、私がこう言っているからと言って過信しないで自分で判断して投資をしてみてください。

 

仮想通貨の取引所はコインチェックがわかりやすいと思います。

まとめ

仮想通貨に興味があって、一緒にやってみようかなと考えている人がいれば相談に乗ります。

まだまだ仮想通貨は伸びしろだらけなので、一緒に運用してみましょう。

口座の開設や維持は無料でできるので、コインチェックでぜひ開いてみてください。

もしやる気があるのであれば10万円くらい入れておくことをオススメしますが、投資は『自己責任』が基本となるので生活に支障のない程度で運用してみましょう。

私はもっと入れておけばよかったと死ぬほど後悔。

ちなみに「ビットコイン」→「NEM」→「Ripple」で運用してきた私の2018年1月6日22時現在の総資産がこちら

 

 

元手の3万からなら5倍

底の2万円からなら7.5倍

なかなかいい感じですね!

 

後日また更新するので見に来てくださいね!

相談はコメント欄からぜひ!

合わせて読まれる記事

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

ハッタさん

新潟県に生まれ美容師として働きながらWEBの勉強をしております。

自分のお店のホームページと自分のブログをメインに扱い、こっそりと違うサイトを作って小遣い稼ぎ中。

自社サイトやブログを立ち上げたい時には是非ご相談ください。

プロフィール詳細はコチラ

-資産運用
-,

Copyright© 厚顔無恥な美容師のブログ , 2018 All Rights Reserved.