イラレ 1週間で基礎を覚える

画像

まったくの初心者がIllustratorの基礎をたった7日間で覚える【1日目】

更新日:

どーも、お店のホームページを自作している自称IT美容師のハッタさんです。

このたびAdobeのソフトであるIllustrator(イラストレーター)を使う必要がでてきたので、愛用しているMac bookにインストールしてみました。

ハッタ
ただ、わたくしイラレ使ったことありません…

正確には、昔(CDでインストールする時代)友人からキーをいただき、フォトショとイラレを自分のパソコンに入れました。

(昔は一つのキーで使いまわしができたんですよね)

フォトショに関しては友達に

好きなタレントのアイコラを作ればフォトショは慣れる!やってみろ!

というアドバイスをもらい、ムフフなアイコラですぐに体で覚えることができたのですが、画像系はフォトショに頼りっきりになってしまいイラレをいじる機会が皆無に…

時が過ぎ昔のパソコンに用事がなくなってしまいイラレごと捨ててしまったので、新しいパソコンではInkscapeというイラレの代替になるもの(というウワサ)をインストール。

ネットでInkscapeの使い方を検索して同じような動きをしてみた結果、

ハッタ
全然できねぇ…

ということで、ベクトル系のドローソフトの習得は諦め、今現在は画像加工や作成に関しては無料の画像編集ソフト『GIMP』の一択でやっていました。

参考 : 無料の画像加工ソフトGIMPを使ってお店のバナーを作成

そんなこんなで今の今までイラレに触れる機会がまったくなかったので私ハッタはイラレに関してズブの素人と言っても過言ではないでしょう。

PCにインストールしたはいいのですが、開くことすらやっとです。

しかし、今こうやってIllustratorでなければいけない状況になったということは、今こそ覚えるべきチャンスなのでは!?とポジティブに受けとり【たった7日間で基礎を覚えてみよう】ということになったわけです。

 

なぜたった7日で?

Adobeのサイトを見てみたら7日間の体験版があったからです。

それと、できれば1週間以内にデータを作って先方に入稿する必要があることも大きいです。

この2つの理由から、まず初めてみるにはちょうどいいと判断しました。

  • 7日間と期間が決められていれば、その間にやるしかない!
  • データ入稿の期限にも間に合わせられる!

ただし問題もある

  • 1日目 ー 10月11日(今日)
  • 2日目 ー 10月12日
  • 3日目 ー 10月13日
  • 4日目 ー 10月14日土曜
  • 5日目 ー 10月15日日曜
  • 6日目 ー 10月16日休み
  • 7日目 ー 10月17日休み

このスケジューリング!!

土日はお店が忙しくなるし、ラスト6日目・7日目はお店の休み。なんなら旅行にいくのでまったく手付かずの状態。

5日目の夜は旅行のために早起きしなければなのでほとんどできず。

イラレを覚えるのも仕事の合間と夜になるので、正味3日ほどの時間しか作ることができず。

ハッタ
超やっべぇ!!!!

そうとなれば、早速とりかかってみるしかないでしょう!

 

1日目の取り組み

Adobeのサイトでイラレのラーニングとサポートのページがあるのでそこで使い方を学びます。

イラレ

 

まずはここの左側ビギナーズガイドのページから。

 

イラレ ビギナーズガイド

 

このページには動画で説明がでてきているので、全く同じ動き方をして同じものを作ってみようかと思います。

以前Inkscapeでできなかったオレが果たしてできるのかどうか…

 

ロゴのプロジェクトのセットアップ

動画であるようなセットアップと若干違ったので、すでにたじろいでしまいました。

WindowsとMacではやはり少し違うようです。

 

イラレ

 

なんとかワークスペースの作成成功。

 

イラレ 初期設定

 

ワークスペースを初期設定にする必要があったので、やりました。

これも見つけにくかった笑

 

ファイルメニュー配置を選択してピザの画像を設置します。

 

イラレ

 

自分のPCには都合よくピザの画像はなかったので動画をスクショしました。

 

イラレ

 

ウィンドウメニューレイヤーを選択します。

画像にもあるようにショートカットでF7ボタンでもできるようです。

 

イラレ

 

先ほどのピザの画像がレイヤー1になるので参照画像に名前を変更し、目の横をクリックしてロックをかけます。

そののち、下のゴミ箱の左側のアイコンが新規レイヤー作成なので押すと、レイヤー2ができます。

レイヤー2をロゴに名前変更しておきます。

 

ここまで細かくやりたくなかったけど、自分のための備忘録としてきっちりやっておきます。

 

基本的なシェイプを使用して、複雑なアートを作成する

ピザやトッピングになるものを作成していきます。

便利なので表示メニューからスマートガイドを表示できるように選択しておきます。

 

イラレ

 

 

生地の作成

長方形ツールを使い、ピザのサイズに合うように四角をつくります。

サイズはいつでも変更可能となってます。

 

イラレ

 

四角の内側にある目玉が半径ウィジェットなので中心に向けドラッグし、角をまるくします。

 

イラレ

 

次は多角形ツールを使って三角形をつくります。

 

イラレ

 

長方形ツールを長押しで選択可能となってます。

Shiftキーを押しながらドラッグすると底辺を水平に保ったまま多角形を作成できます。今は必要ないですが念のため。

 

イラレ

 

できたものの枠にひし形の物があるのでこれをドラッグすると多角形の数を調整できます。

今回は三角形です。

三角形にできたら、角にカーソルを持っていき角度変更をしますがShiftキーを押しながらですと角度を合わせやすいです。

(45度ずつ傾いてくれます)

イラレ

 

このままでは生地が耳に乗っかってしまっている状態なので、生地を耳の下に配置するためにオブジェクトメニュー重ね順最背面へを選択。

そうすることで生地が耳の下へと隠れてくれます。

生地の三角が小さいようであれば左側上部のダイレクト選択ツールで生地の先端を伸ばしてあげることが可能です。

 

ピーマン、ペパロニ、オリーブ、マッシュルームの作成

長方形ツールでピーマン、楕円形ツールでペパロニを作成。

楕円形ツールはスマートガイドで十字のガイドがでていると縦横比が同じで円になります。

円を一つ作成後、Macではoptionキー、Windowsではaltキーを押しながら円をアートボードの外のグレーの部分にドラッグします。

これで円のコピーができます。

 

イラレ

 

このようにアートボードの外にコピーをしたら、そのまま編集メニューコピー全面へペーストで円の真上に円を作成します。

同じ場所に重なるので見えませんが半径ウィジェットでサイズを変更すると円が2つになるのでわかります。

これがオリーブになります。

 

イラレ

 

サイズが大きいので選択ツールを使用して全体を囲み、Shiftキーを押しながら小さくします。

 

イラレ

 

そのあと、シェイプ形成ツールを選択しMacではoptionキー、Windowsではaltキーをおしながら真ん中をクリックすることで円に穴を開けたようにくり抜きます。

 

イラレ

 

このようにくり抜けたら、アートボード内に戻します。

次は曲線ツールを使いマッシュルームをつくります。

 

イラレ

 

このペンとニョロニョロのアイコンです。

始点になるところをクリックし、次のポイントをクリック→クリックで図形をつくります。

傘を作ったら最後は直線にしておきたいので、コーナーポイントをダブルクリックするかMacではoptionキー、Windowsではaltキーを押しながらポイントをクリックすることで直線に変更可能となってます。

イラレ

終わりは始点に合わせてクリックすることで終了となります。

 

色をつける

選択ツールでピザ生地を選択します。

 

イラレ

 

選択するとこのように画面上部にカラー、線の太さ、シェイプなどさまざまなツールがでてきますが、ここでは一番左のカラーを選択します。

 

イラレ

 

スウォッチがでてきますので、冗談の左から6番目のイエローを選択。

つぎにスウォッチを閉じて、画面左のツールバーからカラーピッカーをダブルクリックしてピザっぽい色を選択します。

 

イラレ

 

これで生地部分の色が出来上がりました。

出来上がったカラーをAdobeのクリエイティブライブラリに登録します。

右側ツールバーにあるイラレこのボタンを押すとライブラリが開けるので、マイライブラリ新規ライブラリで名前をつけます。

 

イラレ

 

生地をドラッグアンドドロップでもいいですがライブラリ下の+ボタンで保存したいものを選べるのでカラー以外のチェックを外して追加します。

 

イラレ

 

他にもウィンドウメニュースウォッチライブラリフードベジタブルを選択すると

 

イラレ

 

サンプルになるカラーが出てくるので、ペパロニを選択して上の図の囲まれた色を選択して色を付けます。

 

イラレ

 

先ほどと同じようにライブラリに保存しましょう。

この流れで全てに色を付けます。

 

イラレ

 

色はセンスなのでこの色が絶対というものではないです。

最後に線幅を太くします。

 

イラレ

 

選択ツールですべてを囲うように選択し、

 

イラレ

 

線幅を1.5mmに設定します。

1.5mm… いってん… ん?

ハッタ
あれっ!?単位がptになってる!

ということでなんか最初の線が細いなーと思っていたらこれのせいでした。

動画では1.5mmを選択してましたが、ハッタは5ptを選択しました。

そんなに大差はないと勝手に思っているのであとあと響かなければいいが…

 

ピザにトッピングを乗せる

選択ツールでトッピングをすべて囲い、Shiftキーを押しながらすべてのサイズを調整し、ピザ生地の上に乗せます。

 

イラレ

 

ペパロニはコピーで増やします。

ピーマンも同じように増やして角度の調整をしましょう。

 

イラレ

 

こんなでしょうか。

次に、はみ出したトッピングを消していくので選択メニューすべてを選択シェイプ形成ツール

Macではoptionキー、Windowsではaltキーを押しながら、線ではなく塗りの部分を選択することで消せます

 

イラレ

 

はみ出しているトッピングが全て消えたら、ピザの角度を変えるために選択ツールですべてを囲い角にカーソルを持っていきShiftキーをおしながら45度傾けます。

 

イラレ

 

チーズがたれる様子を作成

おいしいピザにチーズはつきもの。

傾いたピザの先端からチーズがたれる様子をつくります。

長方形ツールで横に長く一つ作ります。

編集メニューコピー全面にペースト×2で下の図のようにします。

 

イラレ

これを選択ツールですべて囲って

 

イラレ

シェイプ形成ツールですべてのオブジェクトをなぞっていきます。

詳しくは該当ページの動画を参考にしてください。

するとすべてのオブジェクトがつながります。

 

イラレ

ダイレクト選択ツールに変更し、オブジェクト下部を選択しコーナーポイントを動かし丸みを帯びさせます。

 

イラレ

 

このようになったら、次は右上のアンカーポイントを一度クリックしその後ドラッグでピザにスナップするまで動かします。

後はチーズの色を付けるためにライブラリに保存したピザの色を選択してチーズの完成です。

 

イラレ

 

この段階で下の図のようになっていればOKです。

 

イラレ

スポンサーリンク

1日目の終わりに

初日はこのくらいで終わりでいいでしょう。

何を作るかにもよりますが、基本的な動き方はこれだけでもだいぶつかめる内容となっているはずです。

ズブの素人であるハッタが初めてでここまで作ることができたので、他の人にもできないことはないはずです。

このあともIllustratorのビギナーズガイドのページは続きますが、文字を入れてプレビューを見たり保存する方法なので、それは後々でも大丈夫でしょう。

他にもグラデーションをつけたり、立体感を作ったり、影をつけたりとさまざまなことができるIllustratorですが、マスターするには時間が限られるのでまずは基本的な動き方を覚えていくことに専念します。

2日目はラーニングとサポートのページにある【チュートリアル】に足を踏み込んでみようかとおもいます。

 

イラレ

▲この下にもたくさんありました

 

ハッタ
基礎を覚えたつもりですが、基礎がこのページにありました笑

終わる気がしない(;_;)

 

 

 

おしまい

 

合わせて読まれる記事

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

ハッタさん

新潟県に生まれ美容師として働きながらWEBの勉強をしております。

自分のお店のホームページと自分のブログをメインに扱い、こっそりと違うサイトを作って小遣い稼ぎ中。

自社サイトやブログを立ち上げたい時には是非ご相談ください。

プロフィール詳細はコチラ

-画像
-, ,

Copyright© 厚顔無恥な美容師のブログ , 2017 All Rights Reserved.