画像

ホームページやブログを見やすくするためにしている工夫

投稿日:

どーも、自称IT美容師ハッタさん**です。

今日は…

今日に限らず営業中・営業後・休日などパソコンにらめっこしていかにホームページを見やすくするか必死に考えてます。

いつ考えた結果は同じなんですが、とにかく「わかりやすい画像を作ること」これに尽きます。

文章もなるべくわかりやすくを心がけて書いて入るものの、「読む」ことよりも「視覚的」に内容を把握してもらったほうが今の時代いいんじゃないのかって思っているのです。

なので色んな場面で画像を使っています。

どんな画像を使ってる?

一言で画像って言ってもいろんな役割があるからなんとも言えません。

例1、言葉の代わり

ムリ

マジかよ

 

自分で文字に起こすよりも同時に表情がつくので感情を伝えやすいです。

 

例2、とりあえず見てほしいもの

きまぐれクック

 

 

完全に勢い任せに載せます。

コレだよ!コレっ!って感じで載せます。

 

例3、記事イメージを伝える

紫外線対策

モグラ系女子

麺縁ジョウモン

プラグイン6選

 

「アイキャッチ」と呼ばれる画像なんですが、記事を選ぶ際にタイトルと一緒にある画像です。

合わせて視野に入ることでこのブログはこんな内容か〜って興味を引くための画像です。写真を使うこともあれば、手描きで作ることもありますし、合成で作ることもあります。

大事なのはブログの内容をイメージしてもらえること。

 

例4、記事内での言葉にイメージをつける

胎毛筆の作り方

胎毛筆(赤ちゃん筆)の説明に使った画像。子供の髪の毛を切って作る筆です。

スタッフのカナコちゃんの最初のイメージを絵にしたものです。評判良かったです笑

招待状アートを書きましたよってブログ内で使用した画像。

 

どれも言葉だけでは伝えにくいことを画像にしたものです。画像を添付することにより、言葉をダラダラ並べるよりもずっとわかりやすく伝わるブログになります。

 

例5、自己表現

 

これもただの勢いです。

自分を載せることにより、どんな人間が書いているのかを伝える手段でもあります。

美容師なので実名顔出しというとてもリスキーなやり方ですが、身近な人には伝わる面白さがあります。

(決してかっこよく撮れた写真は使いません)

 

まとめ

画像は表現の手段です。

文字だけのブログにしてもいいのですが、面白みというエッセンスを文字以上に表現するために画像を使うようにしています。

少しでも多くの人に呼んでもらえるブログであるために、たくさんのお客様を呼ぶことができるホームページになるように工夫をしていきますので応援(ブックマークでもしてたまに読んでくれる)お願いします。

 

 

おしまい

合わせて読まれる記事

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

ハッタさん

新潟県に生まれ美容師として働きながらWEBの勉強をしております。

自分のお店のホームページと自分のブログをメインに扱い、こっそりと違うサイトを作って小遣い稼ぎ中。

自社サイトやブログを立ち上げたい時には是非ご相談ください。

プロフィール詳細はコチラ

-画像
-, ,

Copyright© 厚顔無恥な美容師のブログ , 2017 All Rights Reserved.