美容師ブログ

ヘアカラーかぶれの原因『ジアミン』の無毒化ができるようになる未来

ジアミンの無毒化

美容師をしていていつも怖いなと思うのは『ジアミンかぶれ』というアレルギー症状です。

そのジアミンかぶれがどういったものなのかというのは、以前も何度か記事に書きました。

ジアミンかぶれのなにが怖いかというと、いままでアレルギーが発症していなかった人でも発症する可能性があるということ。

お客様の中には「私は大丈夫」なんて思っている方もいらっしゃるとは思いますが、ぜったい大丈夫という保証はどこにもありません。もちろん初めての方でもいきなりジアミンかぶれが発症する可能性はあります。

今後ヘアカラーをするという人はそのことをご理解の上で施術を受けるようにしましょう。セルフカラーも同様です。

ヘアカラーが危険なのではなく、自分ですることが危険なのではなく、ヘアカラー剤に含まれるジアミンというアレルゲンによるかぶれがあるという認識をしておいてください。

 

ジアミンが無毒化できると謳うセミナーがある

まだ内容についての詳しいことは把握していません。

セミナーを受けてみないとなんとも言えないことなのですが、もしも本当にジアミンを無毒化できるのであればヘアカラーは《安全》と言っても過言ではないでしょうか。

施術を受ける側にとっても、そして美容師にとってもです。

ヘアカラーが安全と呼べる未来がある

私もジアミンのかぶれによって頭皮のかゆみがでてしまいます。自分に直接カラー剤をつけなくても、カラー施術後の髪をシャンプーすることで手や指の股、手首などにブツブツが出て痒みが伴います。

ジアミンかぶれによるかゆみが発症してから治るまで約3日間、寝てる間など知らぬ間に患部をカキカキしてしまってるのでひどいときは皮が向けたりもします。

もしジアミンの無毒化が本当にできるとしたら、美容師にこそありがたいものになるのではないだろうか。

手荒れが原因で美容師をやめざるを得ない人もいるので、無毒化された状態でシャンプーができるのであれば本当にありがたい話です。

 

セミナーは無毒化に関することだけでなく、ジアミンがどういったところで使われているかや体内でのなんちゃらかんちゃらと言っていたので受けてみないことには情報が全くわかりません。

業者の方いわく、普通の美容師の公衆っぽい内容ではないとのこと。とても楽しみです。

 

ジアミンかぶれは誰にでも起こりうる

アレルギーというものは誰にでも発症しうることで、今カラーをして大丈夫であっても次回発症しないという保証はどこにもありません

一度アレルギー反応が出てしまうと、それ以降もカラー剤でのアレルギーは必ず出てしまいます。(アレルギーとはそういうものです)

以前アレルギー反応が強く出てしまうほどの反応になってしまったお客様(男性)を見ました。顔はパンパンに腫れ、仕事に行くことすらままならないとご家族の方から給料を補償しろと訴えられましたね。その時はご一緒していた娘さんがいいからやっちゃえということで施術をしていましたが、アレルギー反応が出てしまってからは全部お店側の帰任にされてしまいました。

ジアミンかぶれに関しての動画

一度でもアレルギー反応が出てしまった人は美容室でムリにカラーをしてくれと注文しないようにしてほしいのと、自宅でセルフカラーをして痒くなった人はもうしないでほしいという願いがあります。

 

ヘアカラー剤に含まれる『パラフェニレンジアミン』がアレルギー反応の原因ですが、美容室ではこの『パラフェニレンジアミン』についての説明しかされないと思います。

本当のアレルギーの原因はジアミンではなく『アミン化合物』なので、カラー剤でアレルギーが出てしまった人はアミンが含まれるもので痒みが伴ってしまう可能性が高いです。

一例としては昨今のパーマ液に含まれる『システアミン』という成分。これは化粧品登録されているパーマ液に含まれているので、かぶれに対して知識のない美容師さんは、ジアミンかぶれになったことのあるお客様に対して使用してしまうこともあります。

パーマ後に頭皮が痒くなったことはないですか?もしも、痒くなってしまったようなら、担当美容師さんに確認してみてください。

 

他にも塗装業の人もアミン系の塗料を使うことがあって、アレルギーが出るということも聞いたことがあります。

普段の生活のどこに『アミン化合物』が潜んでいるかはわからないので、カラー剤によるジアミンかぶれを発症してしまった人は気をつけるようにしてください。

 

ジアミンの無毒化について:まとめ

ヘアカラー

ヘアカラーを行うことによって発症してしまうジアミンかぶれが近い未来に怖いものではなくなるかもしれないとのこと。

このことは多くの方を救ってくれることになるかもしれないので、セミナーを受けた結果次第ではすぐにとりかかろうと思っています。

お客様を実験台にするのは申し訳ないのでまずは自分の頭で体験してみてアレルギー反応がでなければですが。

触れうことのない他人のことは正直どうでもいいのですが、知識がない美容師のせいで被害に合うことのないように気をつけましょう。

合わせて読まれる記事

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

ハッタさん

美容師として働きながらWEBの勉強をしております。

自分のお店のホームページと自分のブログをメインに扱い、こっそりと違うサイトを作って小遣い稼ぎ中。

自社サイトやブログを立ち上げたい時には是非ご相談ください。

プロフィール詳細はコチラ

Twitterのフォローもお待ちしてます。

-美容師ブログ
-, ,

Copyright© HH-STYLE.COM , 2019 All Rights Reserved.