美容師ブログ

白髪を染めないという選択をする方に寄り添う美容師になる

投稿日:

白髪染めを卒業




  • 白髪を染めない
  • ヘアカラーを卒業する

そういった方はこれから増えてくるのではないでしょうか。私、個人的にそういった方々の味方になり寄り添うことができたらなと思います。

基本的に美容師は来客に対し、美容の技術を行うことで対価となるお金を得ることが仕事となります。「白髪を染めない人」に対し「染めませんか?」とアプローチをすることが業務です。

染めない人に寄り添うなんてもしかしたらバカげた話なのかもしれません。

稼ぐことを放棄するのに等しいのだから。

それでも「白髪を染めない」ということを理解し、その考えに寄り添ってていきたいのです。

 

 

白髪を染めない選択はあってもいい

白髪の生え方というものは個人差はあるにしろ、歳を重ねるにつれて自然と増えていくものです。

学生時代から多く生えている人もいれば、死ぬまでに数本だけの人もいます。40歳になって急激に増えてきたという人もいます。

要は生える人は生えるし、生えない人は生えないです。

生えてきた白髪とどう向き合うかを考えることが大切かなと思います。

 

白髪を染める

「いつから白髪染めにすればいいですか?」と聞いてくるお客様は少なくないです。

いつからと決める必要もないのですが、相談していただければ白髪染め感なく移行していくことも技術的に可能です。染めるということはとても簡単で、おしゃれもできていいと思います。

昨今のカラー事情としては白髪染めでもおしゃれ染めのような仕上がりにできます。なので「白髪染めだから暗いんでしょ?」と不安に思う必要もありません。これから白髪も染めたいなと考えている人は、昔のイメージとは違ったおしゃれな白髪染めでカラーライフを楽しんでもらえたらと思います。

 

白髪を染めない・染めることをやめる

最初から白髪を染めない選択をしていれば継続することは難しくないと思います。

染め続けたあとで、白髪染めをやめるのが一番たいへんだと日々の仕事の中で感じています。

その理由としては「伸びてきてるのがはっきりわかる」からです。とくに白髪の量が多めの人は、黒髪の人が茶髪にしてプリンになってきたかのように、暗く染まった部分と生えてきた白髪の部分でくっきりと分かれてしまいます。分け目のある方や顔周りの生え際に集中して白髪が生えてくる方は、それがわかりやすく目に見えてストレスになります。

耐えられずまた染めてしまおうという人もいるでしょう。

「白髪染めを卒業しようと思うけど、気になってやめられない」

そんな悩みを抱えてしまったら、ぜひ美容師に相談してもらえたらなと思います。

 

白髪染めをやめるとき、美容師にできること

やめるのにできること?

正確には白髪染めをやめるときの《準備》や《心のケア》ですね。

 

準備ですること白髪が目立たないよう施術を行うこと。いきなり白髪染めをやめてしまうと逆プリンがものすごく目立ちます。それをなるべく目立たないように少しずつカラー剤を調整していきます。

白髪と既染部の境目がわかりにくくなるように徐々に調整、既染部を少し明るめに調整。無理にしてしまうと逆にバサバサ感が出てしまうので、髪の長さにもよりますが半年〜一年ほどかけてゆっくりとやっていくのが望ましいです。

自分でやろうと思ってもなかなか難しくて失敗しやすいので、こういった技術的なことはプロに任せましょう。

 

心のケアは生えてくる白髪に対するストレスの緩和です。

間違いなく生えてくる白髪に対して気になることでしょう。人に相談してもわかってもらえず「染めればいいじゃん」など言われてしまうかもしれません。

私ハッタも現在白髪染めをやめています。だからこそ聞ける話があると思っているので、どうすれば少しでも気にせず白髪と付き合えるかアドバイスできたらなと考えています。

 

白髪も自己表現の一つと認識する

白髪は自己表現の一貫

 

白髪を染めることを否定することはしません。それが生業でもあるので。

白髪の生え方にもよりますが、その白髪を表現の一環として受け入れてみてはいかがでしょう?

最初はストレスが溜まりやすい環境かもしれませんが、一度受け入れてみると気持ちが楽になります。

さらに、毎月の白髪染めによる時間・費用、ならびに髪の毛・頭皮の負担から開放されることになります。

やってみましょう!といって行動に出るのはなかなか難しいところはありますが、そういったところも含めて相談に乗れるようにしていきたいなと思います。

 



白髪染めをやめようと考えている人からの相談をお待ちしてます

実際にお店でお会いして相談できる人と、会うことができない人がいると思います。

来店できないような人で白髪に対しての悩みがあるようでしたら、ぜひお問い合わせフォームから一報いただければと思います。

合わせて読まれる記事

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

ハッタさん

新潟県に生まれ美容師として働きながらWEBの勉強をしております。

自分のお店のホームページと自分のブログをメインに扱い、こっそりと違うサイトを作って小遣い稼ぎ中。

自社サイトやブログを立ち上げたい時には是非ご相談ください。

プロフィール詳細はコチラ

-美容師ブログ
-, ,

Copyright© 僕の私の脳内メモ , 2019 All Rights Reserved.