Amazonブラックフライデー201911PC

ラーメン

読者からのクレーム:もっと舌を磨け

味覚を磨け

ラーメンカテゴリの読者の皆様、どうも。

先日、読者からこのようなご指摘クレームを頂きました。

題名:

違うのでは?

メッセージ本文:

山椒ではなく胡椒ですね。

味覚を磨かれてはいかがですか?

ハッタ
おぉぅ…なんて辛辣な内容

上の引用はいただいたメッセージをそのまま転載してます。

そのもととなった記事が長岡市の市松のラーメンについての記事

4/16長岡市に市松がオープン!
長岡市の市松で食べてきての辛口評価:スープがぬるかった…

2019年4月にオープンした長岡市のラーメン屋『中華そば 市松』に行ってきました。 もともとは「らーめん潤上除店」があっ ...

続きを見る

この記事内で本来《胡椒》であるところをなぜか《山椒》と記載していました。しかも5ヶ所ほど。胡椒というワードも一切なし。

これは大変申し訳無い評価記事を書いてしまいました。

ご指摘いただきありがとうございます。

 

ハッタ
だがしかしだよ、最後の一言は余計じゃないか?

「味覚を磨かれてはいかがですか?」

普通に考えて指摘だけならこの一文はいらないところ。なにか癪に触ったのだろうか…?

もしかしてお店の方だろうか?けっこう辛口な評価をしてしまったからかな?

しかしあくまで個人的な感想なので「味覚」に関してはいらないと思うが…

ラーメンはかなり好みがでる食べ物と思っているので、当ブログを鵜呑みにしないでほしいところ。私が酷評しているところでも「うまい」「おいしい」「また行きたい」という客層もいるのだから。

逆に私が高評価を出していても口に合わない人もいるというのが事実。

「味覚を磨かれてはいかがですか?」

ハッタ
これはつらいコメント

こういったことは言い出したらレスバになるので、お問い合わせのクローズドな空間ではなくコメント欄から多数の読者の目につくところで噛み付いてほしいと思います。




ちなみに私けっこうラーメン食べてるので、ある程度の味覚はあるとは思っています。

食べてきたラーメンの一部

これでもわすか一部の抜粋です。フォルダに移していない写真ももう少しあります。

ラーメンフォルダ

Googleフォトのラーメンアルバムの中ですがこの記事を書いている時点で『648枚』の画像があることが確認できます。

むしろこんなにラーメンを食べていながら「山椒と胡椒も区別がつかない舌と味覚」で申し訳ない。

 

単純につらく悲しいコメントを頂いたので記事としてアップしてみました。

もっと味覚を磨けるように精進いたします(涙)

 

合わせて読まれる記事

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

ハッタさん

美容師として働きながらWEBの勉強をしております。現在サロンのホームページを含め6サイト運営中。

自社ホームページやブログを立ち上げたい時には是非ご相談ください。

プロフィール詳細はコチラ

欲しい書籍リスト

SNSのフォローもお待ちしてます。

-ラーメン
-,

Copyright© HH-STYLE.COM , 2019 All Rights Reserved.