モバイル

docomoからahamoへ契約変更での気をつけることとデメリット

ahamo-eyepatch

いままでのキャリア契約と比べ、月額料金がすごく安くなって良さそうな気がするドコモの新料金プラン『ahamo』が3月26日からスタートします。税別2700円(税込2970円)に変更されたのもありがたい話です。

今までスマホ代を毎月10,000円も払っていたのがウソみたいと喜んで契約をしてしまう人がいるかも知れませんが、ちょっとだけストップしてみませんか?

気をつけないといけないことにも目を向けて、後々に後悔のないように確認をしておきましょう。

関連ドコモの新料金プランahamoが登場!20GBで2980円は魅力的

ahamoを契約する前に必ずチェックしておきたい内容

ドコモの公式HPに記載されている情報です(2020/03/01現在)

ポイント

  • 契約時に登録が必要なサービスがある
  • 事前に「申込・設定変更・廃止のお手続きが必要なサービス」がある
  • ahamoでは使えないサービスが多い
  • 各種注意事項あり

公式ページでの情報量がかなり多いです。

事前に読んでおかないとあとで痛い目にあいそうなので確実に注意したい点をいくつかピックアップして詳細を書いていきます。

契約前に必要なサービス

  • dアカウントの発行
  • dポイントクラブへの入会
  • dポイントカード番号登録

これはahamo契約で必要なアカウントになるので絶対に取得するようにしましょう。dポイントクラブへの入会はアカウント発行で同時に完了となります。

ahamo契約前に手続き(申し込み・変更・廃止)が必要なサービス

  • シェアパック
  • データ専用プラン(2台目プラス含む)
  • 請求書によるお支払い
  • 請求書送付先住所
  • eビリング
  • 料金明細サービス
  • イマドコサーチ
  • ワンナンバーサービス
  • 契約者年齢
  • 利用者情報登録

これで一部というからまだあるのかと驚きだ。一覧はPDFで確認ができるので見ておいてください。

docomoからahamoへのプラン変更の流れ

  1. ahamoの専用サイトからプラン変更の手続き
  2. 契約内容のチェック
  3. 事前に手続きが必要なサービスが有る場合は表示されます
  4. My docomoで上記の手続き
  5. 再度ahamoの手続き

もしも事前に手続きが必要な場合はアナウンスがあるようなので、その場合はしたがうようにしましょう。

ミスが起きにくい設計なのは良いですね。

ahamoで利用できないサービス

  • SPモードコンテンツ決済サービス
  • ドコモメール
  • ドコモ電話帳
  • データ保管BOX/dフォト(写真お預かり機能)/クラウド容量オプション/スケジュールなどクラウドサービス(spモード ケータイデータお預かりサービス)
  • いちおしパック
  • 留守番電話サービス
  • メロディコール
  • 各種割引サービス

全体的に気をつけて契約変更に望んでほしいのですが、SPモードコンテンツ決済サービスにおいては「ファンクラブの自動退会」になってしまいます。

ドコモメールは〈〇〇@docomo.ne.jp〉のアドレスが使用不可となります。このアドレスで契約しているコンテンツ等ではエラーになってしまうので先に新しいアドレスを登録してからahamoを契約に至った方が良いと思います。

その他のサービスではクラウド上に預けてあるものは契約変更で削除され、復元ができないので今までドコモ契約の恩恵となっていたものは一度整理した方が良いです。

上記サービスはahamoで利用できないサービスの一部なので以下のPDFで詳細を確認しておくようにしましょう。

  • ahamoでご利用になれないサービス一覧(PDF形式:162KB)PDF

その他ahamo契約の際の注意事項

「機種変更が6月までできない」「ファミリー割引などが複雑」「サポートがつかない」などなど、契約後になってから慌てることのないようにahamoへの契約変更についてのdocomoの公式ページをしっかりと確認しておきましょう。

docomo公式ページ

合わせて読まれる記事

-モバイル
-,