モバイル

Google最新スマホ《Pixel4》が新発売される!けど即買いはオススメはしない

pixel4

Pixel4の即買いはちょっと待った!

 

10月15日のMade by Googleでの発表で、昨年のPixel3に続きPixel4が発売となります。

前作から1年をかけてのスペックアップや新機能を備えて登場するわけですが、新発売されるからといって本当にPixel4をすぐ購入してよいのでしょうか。私はちょっと待ったをかけます。

発売直前になって少し気になることがあったので、すぐ購入するか迷っている人に向けて書きます。

ハッタ
Pixel4が発表されたのでそれも踏まえた追記をしておきます

 

 

Pixel4を"すぐ買う"のはオススメしない

個人的な話なのですが私、昨年のMade by Googleを見ていて胸が踊りました。当然ですが内容すべてが英語で翻訳はありませんでしたが、会場の盛り上がりやスライドを見ているだけでPixel3が「すごくほしい!」って思っていたんです。

ただ金額が10万円オーバーで予算を超えてきたのでいったん気持ちを落ち着かせて様子を見ることにしました。

結果的には2月にGoogle Storeで購入したのですが、購入後もPixel3の動きをずっと追っていました。Made by Google2018から約1年がすぎ、この間に感じたことがあります。

それは『Pixelシリーズはすぐ買うものではない』ということ。

理由がいくつかあるのだが、購入予定者に参考になりそうなことを以下に書いておきます。

あくまで個人的に感じた内容なので、気にならない人はスルーしてもいいと思います。

 

Pixel4をすぐ買わない方がいい理由

  1. カメラ性能が選ぶ理由にならなくなった
  2. セールがたくさんある
  3. たった1年で半額にまで落ち込む
  4. 追記ソフトウェアでできることはPixel3にも配信される

 

理由①:カメラ性能が選ぶ理由にならなくなった

カメラ 他の機種と比べてカメラ性能のアドバンテージがなくなってきた

Pixel3が注目された理由として

  • 単眼レンズで超きれいなカメラ
  • 夜景モードが異常なくらい明るく鮮明

という理由があります。

当時は2眼レンズが主流となっていて、通常のレンズ+モノクロで奥行きを計るようなレンズがセットになることで背景のぼかしが可能になっていました。

そんな中時代を逆行するかのような単眼レンズでの発表。しかも超高画質&ナチュラルなぼかしといい所だらけ。AIの力で髪の毛の細部まで細かくぼかしを入れてくれるほどの性能。夜間の撮影も肉眼では把握できない夜空の雲を表現してくれる鮮明さ。

そんな性能であれば注目を集めて当然でしょう。

しかし、このわずか1年の間でHUAWEI P30proとiPhone11がもっと上回るほどの性能を持ってきました。もちろん単眼ではないですが画質や性能は比類なき高性能。

Pixelもさらに高性能化することは間違いないのでしょうが、Pixelシリーズを選ぶためのアドバンテージはないと言っても過言ではありません。

カメラ性能だけでは選べないというのは上記のことによります。

 




理由②:セールがたくさんある

クリスマスセールがあったり、バレンタインセールがあったり、春のセールがあったりと事あるたびに1万〜2万5千円ほどの割引がありました。

おそらく販売台数が予定よりも振るわなかったからと予想しています。

私が購入したのは2月のバレンタインセールのとき。たった3ヶ月で2万円ほど安くなるセールだったので8万円ちょっとで購入できました。

Pixel3をセール時に購入したときの明細

ボディカラーがピンクしか選択できなかったのはいささか残念ではありました。

このときが今までで最大のセールだったのでラッキーと思っていましたね。まさかこのあとも定期的にセール情報が来るとも知らずに。

 

理由③:たった1年で半額にまで落ち込む

Made by Googleの日程が明らかになった数日後にある1通のメールがGoogle Storeから送られてきました。

Google Pixel3が半額になる特別コードが届いた

▲50%引きの表記

さすがにこのメールはショッキングでした。

あきらかに残りのPixel3とXLの端末を売りさばきにきています。半額にしてまで在庫を早く処分したいというGoogleの意思を強く感じます。

しかもこれ、Google StoreでPixel3を購入した私宛にメールを送っているのでなりふりかまっていられないのでしょうか。送る相手を選別していないところに焦りがあるような気がします。

「もう1台購入して」と言われましてもさすがに2台目はいらないですね。

iPhoneは1年で半値になりません。HUAWEIのロースペック端末でも半値には落ち込みません。

市場が半値にしてきたならわかりますが、Google自ら半値で売ろうとしてくるような販売戦略では信頼性にかけます。あまりにも商品価値を下げてきているような気がするので発売直後に即購入をオススメできない最大の理由となります。

 

星空撮影などソフトウェアでできることはPixel3で配信される

Pixel4では夜景撮影がさらに強化されてなんと星空まで撮影できるというのだ。ほかのスマートフォンでは考えられない撮影機能であることは間違いない。

がしかし、星空を撮影する機会は一体いつあるんだろうと思います。また、何回撮影するんだろうとも。

言ってしまえば星空を撮りたいという人はわざわざPixel4を購入せずに1眼カメラを購入するではないだろうか?

この星空を撮影する機能はPixel4に組まれているソフトウェアで解析して撮影ということになる。よってPixel3には組まれていないソフトウェアということである。

しかしGoogleからこのようなツイートが▼

「ちょっと先になるがPixel3でも星空を撮影できるようにソフトウェアを配信するよ」と。

おいおい、Pixel3ユーザーとしてはありがたいが配信の公表が早すぎやしないかい?と考えてしまった。

これはもはや「早々にPixel4を買う必要はないからゆっくりと待っていてくれ」と言われているような気がする。

Googleの親切ととるべきなのか商売下手ととるべきなのかはわからないが、とりあえず言えるのは『Pixel3を持っている人はPixel4を買わなくていい』ということ。新規ユーザーを増やすだけの機種であるような気がする。

 




Pixel4の即買いちょっと待った:まとめ

これから10月25日にPixel4が発表されるMade by Googleが行われることになります。きっとPixel4は11月上旬に発売されることになるでしょう。

きっとガジェット好きなユーチューバーたちはこぞってべた褒めするとは思う。われこそはガジェッターだということで即購入も悪くないと思いますが、一般的なスマホユーザーはよほどの事情がない限り3ヶ月〜半年ほどは購入を見送ってもよいのかなというのが私の個人的な見解です。

今わかっている機能だけでも《ジェスチャー操作》が目玉のように扱われているようですが、とても目玉になるような機能には思えません。他社の追随をゆるさない先進的なイノベーションとしてはいまいちパッとしません。

Made by GoogleのYoutube

Google Pixel4 | (don't)hold the phone

誰かの参考になるとも思えないですが、Pixel3を使用した私が身を持って経験したことを元にこういった記事を書いてみました。

Made by Googleの内容が気になるところですが私は今までのようにすぐに飛びつくことはしません。というかPixelWatchが発売されないようであればきっとAppleに移ってしまうと思うのでGoogleには期待しています。

 

案内

Made by Googleは10月15日23時からYoutubeにてLive配信となります。お見逃しのないように!

【2019】Made by Googleで期待される内容

合わせて読まれる記事

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

ハッタさん

美容師として働きながらWEBの勉強をしております。現在サロンのホームページを含め6サイト運営中。

自社ホームページやブログを立ち上げたい時には是非ご相談ください。

プロフィール詳細はコチラ

欲しい書籍リスト

SNSのフォローもお待ちしてます。

-モバイル
-, ,

Copyright© HH-STYLE.COM , 2019 All Rights Reserved.