新潟県民限定!

新潟県内の宿泊施設の利用で最大5,000円割引のキャンペーンを開催!

詳細はこちらのページから

モバイル

iPhoneSEが4月24日発売!知っておきたい基本スペックや価格まとめ

先日「iPhoneSE2がついにくるか!発売日・価格・スペックはこうなると予想」という記事を当ブログで掲載しましたが、見事に主要なスペックや発表予定日が予想的中。

4月15日にiPhoneSEとしてアップルから発表されました。SE2かと思っていたのですがSEでしたね。

内容を見れば見るほど買い替えを考えていた人にはおすすめできる機種なのではないかなと感じでいます。とくにiPhone6s,7,8あたりから買い替えを悩んでいる人には手にとってほしいです。

では以下にiPhoneSE(第2世代)の詳細をまとめていきます。

 

気になる人は公式HPからチェック。




 

 

iPhoneSE(第2世代)のスペック

まずは予想と実勢を見てみましょう。

  予想 実勢
名称 iPhoneSE iPhoneSE
カメラ 背面 単レンズ12MP 背面 単レンズ12MP広角
画面サイズ 4.7インチ 4.7インチ
セキュリティ TouchID TouchID
プロセッサ A13 Bionic A13 Bionic
メモリ 3GB
ストレージ 64GB/128GB/256GB 64GB/128GB/256GB
充電コネクタ Lightning Lightning
本体カラー 白/黒/赤 白/黒/赤
本体価格 $399~(47,800円~) 44,800円〜

当サイトで予想したものがほぼ的中となっています。

本体サイズや風貌はiPhone8をそのまま踏襲しているようですが誇張して言ってしてしまえば『中身はiPhone11』です。これだけの性能を引っさげ満を持しての登場なので胸が高鳴ります。

見た目の同じiPhone8と比較しながらチェックしていきたいと思います。

 

スペック

プロセッサ iPhone8 iPhoneSE
A11Bionic A13Bionic

搭載されているチップがA11からA13のBionicにランクアップ。最近のiPhoneやiPadの流れを見ていれば当然といえば当然。

ベンチマークも格段にあがり、各速度が大幅にアップしているのでストレスを感じません。

 

メモリ iPhone8 iPhoneSE
2GB 3GB?

おそらく3GBという噂なのですが、iPhoneは公式にメモリを発表しません。

だれかが調べてればわかるのですが…どうなんでしょう。

これも最近の流れで言えば3GBはあって当然、4GBあれば万々歳といったところです。(そこまではいかないと思うが)

 

バッテリー iPhone8 iPhoneSE
1821mAh 8とほぼ同様の駆動時間

曖昧な表記ですが本体サイズも8と同じなのでバッテリーのサイズも同じと思って良いでしょう。

プロセッサの働き次第で少し変わってくるかもですが、iPhone11(3110mAh)などと比べると少しバッテリー容量は少なめです。

 

ストレージ iPhone8 iPhoneSE
64GB/256GB 64GB/128GB/256GB

メインカメラが8もSEも12MPなので撮影した写真の容量は同じくらいと考えます。

SEでは128GBを選択できるようになっているので選び方の幅があっていいと思います。逆に8が64GBと256GBしかないのが不思議なラインナップとも言えます。

ふだんからある程度撮影している人なら128GBがいいと思いますが、動画が多い人は256GBを推奨。

本体価格のところでも記載するがiPhoneSEを買うのであれば256GBがおすすめ。

 

カメラ機能

  iPhone8 iPhoneSE
メインカメラ 12MP F/1.8 12MP F/1.8
インカメラ 7MP F2.2 7MP F/2.2

ここでは大きな差は見られませんが、実はSEは単眼レンズの性能が上がっているので8よりもきれいな写真が撮れます。

というのもチップの性能が上がっているので単眼でのぼかし機能などが処理できるようになったというもの。

iPhone11Proなどと比較するようなものではないですが、従来の単眼レンズのカメラよりもきれいに撮れるようになっているのは間違いありません。

 

本体カラー

iPhone8 iPhoneSE
白/黒/赤(PRODUSTS) 白/黒/赤(PRODUST)

今となってはもはや定番の3色がそのまま踏襲される形に。

※PRODUCT(RED)は売上の一部がエイズ・結核・マラリア対策基金に送られます。

 

iPhoneSEの本体価格

iPhoneSEの本体価格44,800円〜

iPhone8 iPhoneSE
約85,000円〜 44,800円〜

見た目はiPhone8のままなのに中身はiPhone11なのに本体価格は驚きの44,800円からという破格。いちばん容量の大きい256GBを選んでも60,800円というのは最近のiPhoneのなかではありえません。このコスパのよさを鑑みると買うのであれば256GB一択な気がします。

第1世代のSEもそうだったが廉価のわりに性能の高さが素晴らしい。

 

iPhoneSEの発売日

iPhoneSEの発売日

公式HPのiPhoneSEページで『4月24日』と記載されています。

キャリアでも発売される予定は立っていましたが、コロナの影響により延期されることも発表されているので公式でSIMフリー端末を予約しておくのが早そうです。

発表から発売までのスピード感の良さがAppleのいいところですね。

 

帰ってきたホームボタン

フルサイズディスプレイからホームボタンが帰ってきた

▲公式HPより

iPhoneXから撤廃されたホームボタンがiPhoneSEに帰ってきました。

HP上でも「ただいま」というシュールな表現で戻ってきたのできっと一定層の物理ボタンのファンがいたのでしょう。

これによりFaceIDからTouchIDになったので顔がマスクで隠れていたとしてもロック解除などができるようになります。

どうしてもFaceIDのみでは不便な面があったので、画面サイズを気にしない人にはいい仕様となっています。

 

新型iPhoneSEのまとめと総評

iPhoneSEについて

全世界でまだ出ないのかと噂され続けた新型iPhoneSE、満を持しての登場は最高に良いものとなりました。

スペックも文句無しで本体価格もありえないくらいの安さ。フルサイズディスプレイのiPhoneX以降のユーザーがSEに乗り換える理由はそんなに見当たらないですが、7や8のユーザーは文句無しでSEに乗り換えていいと言えるパフォーマンスです。

今iPhoneSEで出せる性能としては最高レベルでの性能。ただし、X以降の機種やProほどの性能は持ち合わせていないのも事実。

カメラも単眼よりも2眼の方が精細な写真を撮れるでしょうし、本体サイズがやや小柄な分バッテリーサイズもほんの少し小さめです。

それをポジティブに捉えられるか、10万円台の金額を払ってハイパフォーマンスの機種を選ぶかは自分次第。必要以上の性能になってきているスマホでなくていいという方はぜひiPhoneSEを選んでみてはいかがでしょうか。

アップル公式オンラインストアの端末はSIMフリーなので同時に格安SIMで月々の料金を安くするのもおすすめですよ。

合わせて読まれる記事

\ この記事どうだった? /

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

ハッタさん

美容師として働きながらWEBの勉強をしております。現在サロンのホームページを含め6サイト運営中。

自社ホームページやブログを立ち上げたい時には是非ご相談ください。

プロフィール詳細はコチラ

欲しい書籍リスト

SNSのフォローもお待ちしてます。

-モバイル
-, ,

© 2020 HH-STYLE.COM