情報 & 紹介

驚いた!長岡市の乾杯は条例で日本酒と決まってた

更新日:

長岡市の乾杯は日本酒と決まってる




新潟県といえばなに??

と聞けば「お米」「お魚」って答えるでしょう。

あとは…

 

新潟県と言えば日本酒!

 

ですよね。新潟県民であれば日本酒は外せません。

日本酒の消費量は日本一を誇ります。(2016年調査)

 

とはいえ、意外と日本酒を飲める成人はそんなに多くはないようで、他の種類のお酒と比べても消費量は大きく膨らんではいない模様。

 

アルコール販売(消費)数量構成比率の推移

 

平成28年度の調べでは《清酒》に関しては元年と比べ、減少の一途をたどります。

そのかわり《その他の醸造酒等》《リキュール》が増加傾向にありますが、果実酒や第3のビール(ビールに類似した新ジャンルの酒類)の販売が伸びていることも要因にあるようです。

 

コチラの情報は以下で詳細が見れます。

 

ハッタ
さぁ!我らが新潟県第二の都市:長岡がとった作戦は…

 

 

『乾杯は日本酒にしろ』条例!

乾杯こそ日本酒じゃ!

ハッタ
めっちゃ権力振りかざして日本酒に全ふりしてるww

この『乾杯を日本酒で』って条例は他に類を見ない条例じゃないでしょうか?

条例とは

日本国内で制定されている法令の範囲内で、地方自治体が独自に定める国とは別の自主法。

まとめる必要はないと思うけど、要は各地方自治体によるローカルルールのことです。

青少年健全育成条例とかも同じですね。(ジャンルが違いすぎるが)

なので、長岡市議会がローカルルールとして『乾杯は基本的に日本酒でするように』って推進しているんです。

ハッタ
おぅおぅ、飲めないやつはどうするんだよ?

乾杯はビールのほうがうまいだろ?

もちろんそんな声も上がると思います

ということで長岡市議会のHPを覗いてみると、以下のようなPDFが掲載されています。

■以下全文

長岡市日本酒で乾杯を推進する条例

我がふるさと長岡は、雪に育まれた清らかな水と、信濃川に代表される豊かな 自然と環境に調和した和食文化があり、古くから麴を用いた食文化が花開き、酒、味噌、醬油に類まれな味と品質を誇ってきた。

とりわけ日本酒は、全国でも有数の酒蔵が存在し、米どころ越後長岡の郷土の象徴、伝統産品として受け継がれ、越後杜氏が県内、県外に日本酒の文化、産業を伝播してきた。

ここに「長岡の酒」による乾杯の習慣を広めることにより、その普及を促進さ せるとともに、「長岡の酒」を歓びと祝いの象徴として世界へ発信し、もって我がふるさと長岡の伝統文化として後世に継承するため、この条例を制定する。

(目的)

第1条 この条例は、本市の伝統産品である日本酒(以下「長岡の酒」という。) による乾杯の習慣を広めることにより、本市から世界へ長岡の酒の普及を図り、伝統文化への理解の促進に寄与することを目的とする。

(市の役割)

第2条 市は、長岡の酒による乾杯を推進することにより、長岡の酒の普及の促進に取り組むよう努めるものとする。

(事業者の役割)

第3条 日本酒の生産又は販売を業として行う者(以下「事業者」という。)は、 市及び他の事業者と相互に協力することにより、長岡の酒による乾杯を推進し、市内の日本酒産業の振興及び長岡の酒の普及に取り組むとともに、日本酒に関する知識の普及に努めるものとする。

(市民の協力)

第4条 市民は、市及び事業者が行う長岡の酒による乾杯を推進する取組及び長岡の酒の普及に関する取組に協力するとともに、日本酒に関する理解を深めるよう努めるものとする。

(嗜好等への配慮)

第5条 市、事業者及び市民は、この条例の実施に当たり、日本酒に対する個人の嗜好及び飲酒に対する個人の意思を尊重するよう配慮するものとする。

附則 この条例は、公布の日から施行する。

最後の「嗜好等への配慮」が大切な一文ですね。

日本酒に対する個人の嗜好及び飲酒に対する個人の意思を尊重と記載されています。

ということで、個人の好きなように乾杯してくださいということです。

乾杯は日本酒でしてくださいといいつつも、絶対じゃないよという弱気な姿勢。

こうなるとこの条例はあってもなくてもいい条例になってしまう。

ハッタ
いったいこの条例は何のためにあるんだww 大丈夫か、長岡市?

一応、酒蔵の数が日本有数の自治体であることから長岡の伝統産業として位置づけているようだし、「長岡の酒」として推進していきたいことはよく分かる。

一風変わった条例を制定することで、他地域の酒好きさんの気を引いて注目を集めようとしているのも分かる。

しかし、特に罰則もない条例を制定したり、酒を呑むことを推奨する割に報奨がなにもなかったりしていては、おもしろい条例が霞んでしまうのではないか?

同じ酒好きとしてはなんとも言えない条例だなぁと。

 

長岡市日本酒で乾杯を推進する条例に関するパブリックコメントと市の見解

こちらのページでは、この異端な条例に対しての有識者からの意見が寄せられていて、それに対する市議会の考え方をまとめてあります。

意見を見る限り「大賛成」といった意見はなく、むしろ「微妙そうだよ」といった意見ばかりです。

おもしろいのは市議会が意見に対して「条例を曲げない・貫く」姿勢がはっきりと出ているところでしょう。

詳細は見てもらえばわかるので省略しますが、「長岡市の酒蔵は伝統だ」という考え方の強さが非常に強いです。おそらく「長岡市の酒が好き」というよりも「日本酒が大好きな市議がいて、酒蔵を推したい」というそんな気持ちがあるような気がします。

 



日本酒での乾杯を推進する長岡市:まとめ

長岡市の乾杯は日本酒だよ

平成26年に交付されているのかな?それ以降どうなったかも知りませんが、長岡市内の人間から「乾杯は日本酒だよ」と教わったことがないことから、この条例は長岡市民に浸透していないものと思われます

おもしろい条例なのにもったいないというかなんというか…ただ強引につくった条例?

これって森民夫のころの条例でしょ、たぶん?アオーレの件もそうだけど、いい評判聞かないもんな。

もっと有識者の意見に耳を傾けて上手に酒蔵のPRをしてほしいなとも思います。なによりも税金の使いみちをおかしな方向に持っていかないで、酒蔵ないし日本酒のイメージアップにつかってもらいたいです

 

本記事の主な参照ページ

 

■通販で買える新潟の日本酒

合わせて読まれる記事

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

ハッタさん

新潟県に生まれ美容師として働きながらWEBの勉強をしております。

自分のお店のホームページと自分のブログをメインに扱い、こっそりと違うサイトを作って小遣い稼ぎ中。

自社サイトやブログを立ち上げたい時には是非ご相談ください。

プロフィール詳細はコチラ

-情報 & 紹介
-, , ,

Copyright© 僕の私の脳内メモ , 2019 All Rights Reserved.