ブログ

お店に置く雑誌を電子書籍にした感想『換えてめっちゃよかった』という話

更新日:

今年の4月、お店に置いている雑誌を電子書籍にしました。

ほとんどの雑誌は一つのタブレットの中に収まりましたが、一部雑誌は紙ベースで残っています(Komachiや料理系)

電子化されていないという理由からです。

最初は不便と言われるかなとも思っていましたが、思いのほか9割以上の方は「へぇ〜すご〜い」と言ってくださいます

ハッタ
電子書籍化にしてよかった!

 

 

紙から電子化にして良かった理由

経費の節約につながる

お店ではタブレット(Apple iPad)で出しています。その中にアプリで『楽天マガジン 』をインストールしてあるので、見るときにはアプリを開いてもらいます。

created by Rinker
Apple(アップル)
¥42,460 (2018/07/22 23:24:31時点 Amazon調べ-詳細)

   

楽天マガジン

楽天マガジン

380円で200誌以上の雑誌が読み放題。※年間契約ならもっとお得に。

この組み合わせです。

今までかかってた経費

毎月20冊弱の雑誌を購入。

1冊が800円くらいだとしたら

20×800=16,000円

1年間で言えば

12×16,000=192,000円

ハッタ
じゅ〜きゅ〜まんにせんえん!!!

たっか…

計算してみると2ヶ月位で捨てる物にに、ものすごい金額を投資していたのね。

 

電子化でかかる経費

初期費用(初年度)

  • iPadが約38000円で3台追加(2台お店にあった)
  • 楽天マガジンが年間契約で3600円

38,000×3+3600=117,600円

ハッタ
iPadを3台買ってもお釣りが来る!!

これにプラス、月に2冊ほどタウン誌を買うので、毎月約1000円ほどかかるとして12,000円が上乗せ。

それでも129,600円ですみます。

次年度からはiPad代がかからないので、タウン誌と楽天マガジン代だけでいいので年間の雑誌代が2万円以内に収まります。

これってすごくないですか?

経費が浮けばスタッフのボーナスに色をつけられるようになるし、その他に投資ができるようになります。

つまりお店がもっと成長しやすくなるってことですね!いいことだ。

経費(お金)はないよりもあるにこしたことはない。

 

スポンサーリンク

読みたいものを読んでもらえる

いままでって美容師側からテーブルに置かれた雑誌を読む以外に雑誌ってほとんど読めなかったと思います。

ところがどっこい『ひとつのiPadに200誌以上入ってる』ので、自分好みの雑誌を読んでもらうことができます。

案の定、今までお店に置いていなかった雑誌(趣味系、旅系)を読むお客様がたくさん。

そういったところから【美容師のよかれと思う気持ちと実際にサービスを受けるお客様側の気持ちに乖離が起きていた】ということになります。

電子化したことはお客様から「最先端〜」と言われますからまだまだ電子化していないお店が多いということ。

ララチッタは出遅れ気味かもですが確実に行動しない美容室よりも先に行ったと感じました。

 

雑誌を買いに行く手間がかからない

ドライブ

これけっこう重要なんですが、毎月だれが・いつ・なにを買いに行くってかなり面倒なことなんですよ。

しかも雑誌を一度に何冊も購入すれば重い。

でも誰かがやらなきゃいけなかったこと。

この手間が省けるだけで、他のことに時間を割けるようになるんです。

だれかの負担が確実に減るってことは、めっちゃ大事ですね。

 

電子化はメリットだらけ

「先行投資が必要だが、その分あとのお金と時間に自由ができる」

これは間違いないです。

お店・スタッフともに負担が減ります。

お客様も手持ち無沙汰な時間に好きなものを読める。

みんながこれに慣れることによってこれからもっと環境が整うと確信しています。

 

電子化のデメリット

以前検討している段階では「操作性がネック」という懸念がありましたが、ほぼほぼ毎回のようにアシスタントの子が説明してくれているので、そこまで問題ではなかったかな。

説明していなくても施術中にいじっている様子が気になれば説明できるので操作性に関してはデメリットにはなり得なかったと言えます。

むしろタブレット化したことによって、重量が増したことがデメリットかもしれません。

3割近くのひとが「けっこう重い」ということを口にします。

たしかに雑誌1冊と比べたらiPad(約500g)は重いかも。

ただね、調べてみたらよく知られている雑誌『ViVi』や『CanCam』なんかは約450gらしいです。

きっと重量級雑誌の『婦人画報』や『家庭画報』なんかはもっと重いんでしょうね!

※数百グラムもない差がすごく重く感じてしまうのは心理学的に解明できているので後に追加します。

シャルパンティエ効果についての記事を公開しました

 

雑誌を電子書籍化したことのまとめ

短期的に数字だけで見れば間違いなく「良かった」のひとこと。

長期的に見たら既存客が「行きにくいお店になった」になるかもだし未知数。

新規の人は「こういうお店だ」と考えてくれれば◎

他の美容室とは違った取り組みをしているのでもしもこの『電子書籍化』がいやならば紙ベースの雑誌のお店に行くのが正解だと思う。

雑誌が読みにくいぐらいで離れていってしまうくらいのファンだったってことで飲み込みます。

これからは現在→未来の変化は加速していくはずなので、メリットのあることはしっかりと取り入れていくのが大事です。

おすすめ

現在→未来の変化についてはホリエモンのスピーチが秀逸です。

YOUTUBEでどうぞ(https://youtu.be/2DTyHAHaNMw

すでに電子書籍化して2ヶ月が経過しましたが、個人的にもいろんな本が読めて嬉しいです。

タブレットを買ってまでして契約する必要はないと思いますが、もしタブレットをもっているのなら契約するといいと思いますよ!

(ハッタは持ってない)

 

おしまい

 

補足

もしタブレットも買ってみようかなって思うのであればアドバイスを。

2017年以降のiPadならさくさく動くでしょうしアップル製品は慣れている人が多いかもしれませんね。

AndroidのタブレットであればRAMは3GB以上で選んだほうが動きがよく使いやすいです。画面サイズも10インチくらいあれば雑誌も読みやすいと思います。

両方に言えることですがデータ容量が32GB以下だと雑誌データがパンパンになったり、アップデート時とかに困ると予想されるので16GBは買わないようにしましょう。32GBあれば急に容量不足で悩むことも少ないはずです。

おすすめタブレット

▲2017年モデルに+3,000円ほどで最新の2018年モデルが購入できます。2018年モデルのiPadはApple pencilに対応しているので使える幅がグッと広がってます。

▲HUAWEIのタブレットは個人的に推しです。スマホでも世界シェアを広げています。上記の条件を満たしているのでコスパに優れたAndroidのタブレットを選ぶのであれば、これで決まりです。

1台あると何かと便利なタブレットなので購入検討です。

合わせて読まれる記事

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

ハッタさん

新潟県に生まれ美容師として働きながらWEBの勉強をしております。

自分のお店のホームページと自分のブログをメインに扱い、こっそりと違うサイトを作って小遣い稼ぎ中。

自社サイトやブログを立ち上げたい時には是非ご相談ください。

プロフィール詳細はコチラ

-ブログ
-, ,

Copyright© 僕の私の脳内メモ , 2018 All Rights Reserved.