ブログ

夏休みに野尻湖へ一人旅!一度行けばわかるゲストハウスの楽しさ

  1. HOME >

夏休みに野尻湖へ一人旅!一度行けばわかるゲストハウスの楽しさ

斑尾山と黒姫山に挟まれる位置にある湖『野尻湖』

長野県に存在する天然湖の中でも2番めに大きい野尻湖の周りにはレジャーが宿泊などの施設が多数点在し、夏場は国内外からの旅行客が足を運ぶ場所だ。

新潟県との県境の少しだけ南部にあり、高速道路のIC(妙高高原IC・信濃町IC)からも近くアクセス良好な観光スポットとなっている。

 

野尻湖MAP

 

この夏、私ハッタはちょっとしたことからこの野尻湖にあるゲストハウスLAMPに興味を持ち、お盆の連休の期間中に一時の安息を求めて一人旅に出た。

2泊3日という決して長くはないわずかな時間ではあったが、大自然につつまれ非日常を味わい、現地で採れたの食材をいただくことで体の芯まで癒やしを感じることができた。

 

野尻湖まで行ったこの旅は一言で表すなら『最高』だ。

 

もしまた行く機会があるのなら… いや、またいく時間は必ず作る。そしてまたLAMPで宿泊し、日常を忘れた時間を過ごさせてもらうとしよう。

 

 

野尻湖のゲストハウスLAMPに行くきっかけ

前の記事でも書いたのだが、好きな会社(WEB制作会社LIG)が運営しているゲストハウスがあるというブログ記事を読んだ。その記事は以下▼

たまたまお盆の連休の少し前に見つけ、タイミングが重なったので急に気持ちが高まり急いで予約がとれるか確認を。たまたまかどうかは知らないが、すんなりOKをいただいた。

上記のLIGブログでも記載されているが『入社したくなるほど楽しい』、そんな場所であればテンションが上がる。

ただ大丈夫なのだろうかと心配になることが一つ。

「おひとり様でもいけるんだろうか…」

ということでLAMPのHPを探すとすぐに出てきて、問い合わせフォームがあったのでそこからいろいろ質問してみました。

  • 一人でも大丈夫か
  • SUPで必要なものはレンタルできるのか
  • 食事はどうしよう

など。すべてに丁寧にお答えいただいたので、そのおかげでスッキリとした気持ちで行く決断。親切丁寧な対応がますますLAMPへの旅を楽しみなものにしてくれた。

 

私はHPのお問い合わせからそのまま予約ができるということだったので、メールで予約をお願いしたが「じゃらん」や「楽天トラベル」でも予約が可能になっていたようだ。ポンタポイントや楽天ポイントを貯めたい人にはコチラをおすすめする。

 

 

LAMPで楽しんできたこと

LAMPでは宿泊以外にもさまざまなアクティビティや食事がある。

SUP、ラフティング、カヤック、バーべキュー、ランチ、ディナーなどなどその他たくさん。

気になる人はLAMPのHPで確認を

今回、私が楽しんできたのはこちら。

ランチ

LAMPのランチメニュー

現地の野菜やお肉などを使用したいろんなメニューがあって、カウンターでその日のオススメなどを確認できます。

色々とありすぎて迷うので「オススメはなんですか?」と聞いたら「男性ならちょっとボリュームがあるけどこれがいいですよ」と言われたのでそれを注文。

『なんちゃらバーガー』(名前を忘れた)

 

ジューシーで肉厚なパティとベーコンがふっくらと焼かれたバンズに挟まれていてボリューム感がすごい。

サクッと上げられたポテトも程よい量で、大人の男の胃袋を掴むにはちょうどいいサイズ感のランチメニューとなっている。

いっしょにドリンクを注文すると、セット料金で少し安くなるようだが私は昼からビールが飲みたかったのでハートランドをいただいた。

ちなみにこの日は中日となる14日で午前にSUPをしていたため、ビールが乾いた内臓にかなり沁みた。

 

ディナー

2泊3日なのでディナーは2度いただいた。

せっかくなので同じものは食べないようにと考えメニュー選びをした。

13日のディナー

LAMPのディナーメニュー山賊焼きの親分

《山賊焼きの親分》1200円

長野県の定番料理をLAMP風にアレンジしたもの。

にんにくが効いていて豪快な味付けと食べごたえがお酒を加速させていきます。

 

LAMPのディナーメニュー旬の焼き野菜盛り合わせ

《旬の焼き野菜盛り合わせ》980円

野菜の味をそのまま味わえるように味付けはシンプルに。

少しオイルを塗ってグリルしてあるのかな、まんべんなく火が通ることで野菜の甘みがぐっと引き出されて余計な味付けが本当にいらない。

 

両方とも画像の見た目よりもボリュームがあり、他には何も注文しなくても満腹になれるくらいでした。

 

《LEMON BEER》600円

広島県産無農薬レモンを使った『本気のレモンビアー』

ビール(ハートランド)にハチミツ漬けにしたレモンを入れたビール。(たぶん)

もともとさっぱりとした飲み口のハートランドが、さらにさっぱりとしふわっと甘みを感じさあせてくれます。

 

この日は他にも《ハートランド(生)》《志賀高原ビール(ペールエール)》《キャプテン・クロウ》も飲んでいる。どれもゴリゴリのクセだらけのビールというよりは、料理を楽しむために後味を引っ張りすぎないさらっと飲めるビールが用意してあるように感じた。

 

14日のディナー

LAMPのディナーメニュー信濃町の葉野菜サラダ

《信濃町の葉野菜サラダ》900円

地元の野菜を使った葉野菜のサラダにオリジナルの自家製りんごドレッシングがかけてある。

酸味が豊かなドレッシングとシャキッとした食感が食欲をそそる。

これでハーフサイズなのだが、十分すぎるほどの量感。

 

LAMPのディナーメニュー分厚いローストポーク

《分厚いローストポーク》1350円

蓼科山嶺(たてしなさんれい)で育った脂と旨味がたっぷりのマーブルハイポーの肩ロース。じっくりと火を通すことで柔らかくジューシーに仕上がっている。

あ付け合せとの相性もよく脂のしつこさを感じさせないので、一緒に飲むビールがするっとノドを通り過ぎていく。

一人で食べるには多く見えるが、ぺろりといけるので気がつくとお肉がなくなっていた。

 

LAMPのディナーメニューマルゲリータ

《マルゲリータ》1200円

大きく厚くカットされたトマトとチーズをふんだんに使用し、旨味がつまったピザ。

同じくひとり旅をしていた男性とシェアしようということで半分食べたが、他のメニューもあったのでかなりお腹が膨れた。

目測約30センチ弱の直径で、4人でシェアするくらいが丁度いいくらいのサイズ感。

 

 

薄めの生地ではなくふっくらと焼かれた生地で作られたピザなので、お腹にたまりやすくい。

ピザソースというよりもトマト自体の酸味がとても引き立っていて、チーズのマイルドなこってり感がいい具合に重なり美味しかった。

 

LAMPの日本酒 サケエロティック飲み比べ

《サケエロティック飲み比べ》1000円

金賞受賞ワイナリーが造る日本酒。ワイン製造ができない冬の期間にだけ造るため、数に限りがありなかなかお目にかかれるお酒ではないそうな。

『狂おしい恋愛を経た大人の男女』にしかわからないわからない香味なため、おこちゃまが手を出さないようにこのネーミングにしたそう。

3号酵母と6号酵母で作られたお酒を飲み比べできるセットで、酵母が違うだけでこんなに味や風味が違うのかと何度も口にしてしまいます。

個人的には3号酵母で造った左の《トロワ》がエキゾチックなクセを感じさせてくれて好みだった。ワイナリーらしい日本酒に感じた。

 

この日は日本酒以外はずっとハートランドを飲んでいた。この日本酒を飲むために味のばらつきで舌がばかにならないように。

 

SUP

LAMPで楽しむアクティビティ SUP

水上でボードの上に立ち、パドルを漕いで進むアクティビティ。

実際にやってみるとなれるまでうまく進まず、座り漕ぎから立ちあがって漕ぐことすら難しい。

台風の影響もありやや強めの風があるのでバランスを崩しやすいとインストラクターの方も言っていたが、たしかに風に流されやすかった。

なれてしまえばボードの上で跳ねたりできたし、2人乗りなどのゲームを楽しませてくれるので時間がすぎるのがあっという間だった。

バランスをとるための下半身や、パドルを漕ぐための背筋をかなり使うので終わると思ったよりも動いた感があります。

 

約2時間ほどのアクティビティで5500円という料金だが、料金にしっかりと見合うだけの楽しみがこのSUPにはあった。

化繊の上下着衣やかかとの固定できるサンダルなど用意するものはたくさんあるが、手ぶらでさんかできるレンタルコースや必要なものだけでもレンタル可能なので気軽に参加できるだろう。

 

申込みはサンデープランニングのHPでできるのでチェックしてみてください。

 

サウナ

LAMPのサウナ

 

手作りの丸太小屋でじっくりと汗をかくフィンランド式のサウナ。

焼け石に水をかけ水蒸気を発生させるロウリュウで発汗を促し、白樺の葉っぱの香りでリラックスを促します。

 

水着着用で男女共用のサウナだが、貸し切りコースも選択できるので大人数で宿泊するのであれば思い切って貸し切りにするのも悪くない。

発汗を促し心ゆくまで熱い空間を楽しんだら、湧き水が溜まった冷たい風呂があるのでそこで体を一気に冷やす。

その後は、外気浴を楽しもう。ベンチやハンモックが用意されていて、サウナで温まった体をゆっくりと落ち着かせることができるようになっている。

 

LAMPのサウナ

 

薪ストーブで火をおこして温めているが煙くなることもなく、薪が燃えるパチパチという自然なサウンドがよりよいサウナタイムにしてくれます。

 

参加できる時間が2時間毎に区切ってるので、多すぎて入れないということもない。他のアクティビティとの時間を考慮して入りやすい時間で申し込むといいだろう。

2時間1500円でフィンランド式サウナを体験できて、外気浴で自然にとけ込む。とてもいいひとときになります。

サウナも水着やタオルがレンタルできるので、空きがあれば急遽思いつきでも入れます。

 

私は14日のSUPのあとの時間で予約しましたが、アクティブに動いたあとの疲れと日常のストレスがとても癒やされました。

 

LAMPを利用した旅の総額

  • 宿泊:1泊3500円×2
  • SUP:5500円
  • サンダルレンタル:300円
  • サウナ:1500円
  • 朝食:1食700円×2
  • ランチ:2000円
  • ディナー:2日で10000円ほど

総額:25,700円

この金額が高いか安いかは人それぞれだと思うが、ディナーで飲み過ぎなければ2万円以下でアクティビティまで楽しめると思えば"破格"ではないだろうか。

ほかの交通費などは考慮していないが、私は新潟県長岡市から1時間半ほどの距離にこんな楽しいところがあるとわかったので、毎年のワクワクが増えたと思っています。

毎月2500円貯金すれば、野尻湖でゆっくりとした時間がすごせるなんてかなりお得だ。

 



野尻湖にいくならゲストハウスLAMPを利用してみてほしい

上記であげたアクティビティのほかにまだたくさんの体験ができることもそうだが、関わり触れるすべてが良かった。

 

 

野尻湖周辺にはレストランなどあまりないのか、もしくはLAMPがいいのかランチタイムやディナータイムは行列ができていた。

その中には初めての人もいればリピーターの人もいると思う。

私も必ずまた再訪しようと思うくらいにいい空間だった。

日常的な都会の空気から開放される瞬間は、なんとも言えない時間になる。なるほどこれが『非日常』か、と。

春には春の、夏には夏の、秋には秋の、冬には冬の楽しみがあるので、いろんな季節に利用できるのもいいところだ。

 

もしもゲストハウスLAMPを楽しみたいと言うのであれば、できれば2〜3泊はしてほしい。それだけやれることがたくさんある。

1泊だけでも非日常を感じることはできるだろうが、どうしてもせわしなく時間が過ぎていくので1泊だけではいささかもったいない。

ゆっくりとした時間を過ごしてみたください。

 

 

 

合わせて読まれる記事

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

ハッタさん

美容師として働きながらWEBの勉強をしております。

自分のお店のホームページと自分のブログをメインに扱い、こっそりと違うサイトを作って小遣い稼ぎ中。

自社サイトやブログを立ち上げたい時には是非ご相談ください。

プロフィール詳細はコチラ

Twitterのフォローもお待ちしてます。

-ブログ
-, ,

Copyright© HH-STYLE.COM , 2019 All Rights Reserved.