情報 & 紹介

街で買えないマスク、ネットだと普通に売ってるみたいです

コロナの騒ぎで「マスクが手に入らない!」「並んででも買う」なんて事になっていますが、ネットを調べてみると意外と普通に売っているのが目に付きます。

各地ドラッグストアの開店前朝6時から並び始めオープン前には長蛇の列。これではマスクを買う前にコロナが感染ってしまいます。

 

 

ネットでマスクを買う際の注意点

  • レビューがあるか確認
  • 本当にマスクなのか
  • 日本製は少ない

 

過度に気にしていては買うのも買えなくなってしまいますが、上記の3点は注意したほうがいいです。

 

レビューがあるか、ないか

レビューがあるものを見ることでそのマスクがどんなものかわかります。

物によっては粗悪品が混じっていて接着面が秒で剥がれたというレビューもあります。

また目が荒くウイルス対策になんてならないというものもあるので、参考にできる意見は見ておいた方が間違いなくいいです。

 

本当にマスク?

すでに出来上がったマスクではなくマスクを作るためのアイテムや、マスクの代わりのものまで検索では引っかかります。

購入してから違ったとなっては手間暇がもったいないのでしっかりと商品情報を見てから購入しましょう。

 

日本製マスクって全然ない?

特にAmazonなんですが、説明文を見るとどうしても拙い日本語のように見えます。

日本製にこだわるような人はSHARPの作るマスクが抽選で購入できるようになっていて、一番信頼度が高いのでおすすめします。

ただ中国製のものであっても関係なく、とにかくマスクがほしいという人には一時期よりも手頃な価格で購入できるので良いのではないでしょうか・

 

マスクの通販は楽天の方が信頼度高め

私はふだんAmazon贔屓なのですがマスクに関しては楽天に軍配が上がりそうです。

さすがメインが国内のコンシューマーというところでしょうか。

マスクで検索したときに出てくる使えそうなものを調べましたが、やっぱり楽天のほうがちゃんとしたマスクが多かったです。

Amazonは変わったものが多かったイメージです。

フェイスシールドなんかは職種によってはわりとありなのかなと思ったのでピックアップしてみました。

 

 

結論:ネットを使えばマスクは意外と手に入る

街のドラッグストアではなかなか手に入らないですがネット上では思いのほか手に入りやすそうです。

楽天だと3000円弱〜となっており結構手頃なのかなと。1枚あたり60〜70円ほどが今の相場のようなので、必要に応じて探してみてください。

合わせて読まれる記事

-情報 & 紹介
-, , , ,

© 2020 HH-STYLE.COM