モバイル

【格安SIM】3キャリアのスマホが使える!『mineo』でスマホ代をお得に!

格安SIMのmineoで安くスマホを使う

『月々のスマートフォン料金を抑えたい』

そんな気持ちはだれもがありますよね?

けどどうすればいいの?

どこと契約すればいいの?

キャリアから格安SIMに移動したいけど、たくさんありすぎてわからない…

そんな格安SIM初心者のあなたに『最初に選んで間違いない格安SIM』をご紹介しましょう。

 

 

初めての格安SIMなら『mineo(マイネオ)』がおすすめ

その理由は今お使いのスマートフォン端末がそのまま使えるから

SIMロック解除の必要がなくドコモをお使いの方でも、auをお使いの方でも、softbankをお使いの方でもそれぞれの端末に合ったSIMカードを発行してもらえます。というか、プランがご用意されています。なのでSIMロックの状態を気にする必要がありません。

各キャリアに対応している格安SIMの会社(MVNO)はmineoだけではないでしょうか。

SIMロック解除なんて考えたくない!という人は、わかりやすいプランがあるのでそのまま選択していただければOKですね。

 

SIMロック解除とは?

特定の携帯会社のSIMしか使えなくしてあるSIMロックの状態を解除すること。それにより、同じ端末で他キャリアのSIMカードも使用することができるようになります。

キャリアのショップで行うと手数料が発生するので注意が必要になります。

>SIMロック解除について詳しくはこちら

 

mineoは顧客満足度No.1!

mineoは顧客満足度ナンバーワン!

mineoはさまざまなメディアの調べでの顧客満足度No.1を数多く受賞しているから安心!

上の賞だけでなく、もっと多くのメディアから称賛されている格安SIMなので初めて契約するという人にもおすすめできる理由となってます。

実際に契約して使用している顧客が満足しているというのは、選ぶ基準としてはかなりいい指標になります。

mineoは多くの方に選ばれて顧客総合満足度第1位

 

mineoの料金プランは2タイプ×3プラン

2つのタイプとは

  • データ通信のみ
  • データ通信+音声通話

です。この組み合わせはどの格安SIMも同じです。

(他社ではデータ通信+SMSのみといったタイプも存在します)

あとは、

  • auプラン(Aプラン)
  • ドコモプラン(Dプラン)
  • ソフトバンクプラン(Sプラン)

このようになっています。

基本的に普段使いのスマホを格安SIMに変更するのであれば、選ぶプランは『データ通信+音声通話』のプランになると思っていただいていいです。

mineoの料金プラン

データ容量 データ通信のみ データ通信+通話
500MB 700円 1,310円
3GB 900円 1,510円
6GB 1,580円 2,190円
10GB 2,520円 3,130円
20GB 3,980円 4,590円
30GB 5,900円 6,510円
データ容量 データ通信のみ データ通信+通話
500MB 700円 1,400円
3GB 900円 1,600円
6GB 1,580円 2,280円
10GB 2,520円 3,220円
20GB 3,980円 4,680円
30GB 5,900円 6,600円
データ容量 データ通信のみ データ通信+通話
500MB 790円 1750円
3GB 990円 1,950円
6GB 1,670円 2,630円
10GB 2,610円 3,570円
20GB 4,070円 5,030円
30GB 5,990円 6,950円

▲タブをクリックで各プランチェックできます。

比較してみるとAプランが一番安く、Sプランが割高になっているようです。

これは各キャリアから借りている回線の使用料によるものなのでしょう。

もしSoftBankをお使いでSプランを考えているのであれば、LINEモバイルと比較してみてもいいかもしれません。

 

ココがおすすめ

  • 余った容量は翌月に持ち越しOK!(翌月末まで)
  • 家族や友達と余った容量をシェアできる!

 

ちなみにauのプランと比較

同じプランがなかったので一概にいえないですが、近しいプランで比較します。

  mineo(aプラン) au
月額 2,190円 4,480円※1
(2019年9月末まで)
容量 6GB 7GB
通話料 20円/30秒 20円/30秒
2年縛り なし あり

※1 2019年9月末まで『家族割プラススタートキャンペーン −1,000円』が適用となっています。なので2019年10月以降は5,480円となります。

ほぼ同じようなプランを比較してみると、mineoの方が圧倒的に安いのがわかります。

auは期間限定の料金なので先を見ると毎月3,000円ほど差が出てきます。1ヶ月単位では3,000円ほどですが年間(12ヶ月)でみると36,000円の差が出てきます。

10年で36万円の差額ですね。

他のキャリアと比較してもauと大差のない結果になるはずです。

毎月の出費を少しでも抑えたいのであれば、ここで数千円の違いが出てくるので検討していただければと思います。

 

mineoのプランをチェック

 

mineoはお得なオプションもあり

格安SIMでもキャリアと同じように各種オプションがあります。

自分のスマホの使い方に合わせたものを選ぶことで、より毎月の出費を抑えやすくなるので参考にしてください。

通話オプション

mineoでんわ
10分かけ放題
人気最大2ヶ月無料のキャンペーン中!(2019年7月末まで)

850円/月

専用アプリから電話をかけることで10分間まで※2の通話がかけ放題となります。

mineoでんわ

国内通話10円/30秒

専用アプリから電話をかけることで国内通話が通常(20円/30秒)の約半額となります。

通話定額30

840円/月

月間最大30分までの国内通話が定額となります。

通話定額60

1,680円/月

月間最大30分までの国内通話が定額となります。

※2 10分を超えた通話は10円/30秒となります。

 

Wi-Fiオプション

mineo
Wi-Fi by
エコネクト

362円/月 最大2ヶ月無料

国内10万スポットあるWi-Fiに接続できるサービスです。

 

安心・保証オプション

mineo
安心パック2

550円/月

▼下記2つがセットになったお得なパックです。

 >端末安心
保証サービス

370円/月

mineo端末の故障時に交換用端末の提供を行うサービス。

 >ウイルスバスター
モバイル月額版

270円/月 初月無料

個人情報が入ったスマホをウイルスや不正アクセスから守るサービス。

持ち込み端末
安心保証サービス

500円/月 人気

mineo以外の端末の故障時に、修理や交換用端末の提供を行うサービス。

安心フィルタリング

350円/月 最大2ヶ月無料

WEBやアプリのアクセスを制限したり利用状況の確認が行なえます。お子様に持たせる時に便利です。

安心バックアップ

500円/月 最大2ヶ月無料

スマホのデータを保護されたインターネット上に保管できるサービス。

パスワードマネージャー
月額版

150円/月 初月無料

さまざまなIDやパスワードを安全に管理できるサービスです。

メールウイルス
チェックサービス

200円/月

メールの送受信前にウイルスが添付されていないかをチェック・検知するサービス。

 

その他のオプション

三者通話サービス

200円/月

通話中に新たに別の人を呼び出し、3人で通話ができるサービス

迷惑電話撃退サービス

100円/月

迷惑電話やいたずら電話に音声ガイダンスで対応するサービス

着信転送サービス

無料

着信があったときに予め登録しておいた別の電話に転送するサービス

割込通話サービス

200円/月

通話中、違う人からの着信があったときに出ることができるサービス

番号通知リクエストサービス

200円/月

非通知設定の電話から着信があったときに、通知をするようアナウンスするサービス

LaLa Call

100円/月

お得な050IP通話サービス、mineoは特典あり

 

上記のサービス以外にもオプションはたくさんありますが、主要なところはだいたいこのあたり。

キャリアにもある10分かけ放題が850円で使えるのはかなりお得!通話を多くする人は加入がおすすめ。

 

他のサービスを見てみる

 

格安SIMは電波が心配?

格安SIMは電波が心配

もしかしたら「格安SIMは電波が心配」なんて思っていないですか?

その点は心配ありません

格安SIMは大手キャリアから電波の回線を借りて運営しているので、エリアは現在お使いのものと同じだと思っていただいて間違いないです。

心配な人は各キャリアの電波エリアを調べてみればいいと主ます。

通信速度が心配?

「YOUTUBEなどの動画を見ているときに止まってしまうんじゃない?」という声も聞きます。

ご安心ください!借り物の回線とは言え普通に動画が見れるくらいの通信速度は普通にでます!

そういった面も含めて「顧客満足度調査でNo.1」をとっているのです。

 

mineoの新規契約時に必要なもの

初めて契約するとき必要なもの

  1. スマホ端末
  2. クレジットカード
  3. メールアドレス
  4. 電話番号
  5. 本人確認書類
  6. MNP予約番号(乗り換えのみ)
  7. 事務手数料
  8. SIMカード発行料

 

スマホ端末は現在使用しているものをそのまま使用することができます。もしくは新しく購入するようであれば、設定を何度もしなくていいように先に用意しておくことをおすすめします。

格安SIMは基本的にクレジットカード支払いになるのでご理解を。

キャリアのアドレスは使用できなくなるのでgmailかYahoo メールなどを用意しておくようにしましょう。基本的にさまざまな連絡はメールで来ます。「@support.mineo.jp」からのメールを拒否しないよう設定してください

万が一のことがありますので連絡がつく電話番号が必要になります。携帯電話or固定電話の番号を用意してください。

運転免許証やパスポートなどが必要となります。詳細はHPで確認してください。

今お使いのスマホから乗り換えで番号をそのまま移行したい場合はMNP(マイナンバーポータビリティ)予約番号が必要になります。手続き中に有効期限が切れてしまうと移行できないので10日以上残っている状態で申し込むようにしてください

契約手続きの費用3000円(税別)が必要になります。

SIMカード発行料400円(税別)が必要になります。

 

契約の流れはmineoのHPで全て確認できます。途中まで入力してやめることもできるので一度見ておいてください。

すべての手続がWEBで完結するので、ご希望の人はブックマークがオススメです

公式をブックマークする

 

格安SIMの『mineo』まとめ

もしかしたらキャリアで契約中の端末で解約料が残っているということもあるかもですが、年間にいくらほど予算が浮くことになるのかを考えてちょうどいい時期に移行するといいでしょう。

毎月3,000円浮けば年間36,000円、5,000円浮けば60,000円、2人なら120,000円浮く計算になるので解約料は損した感覚にはならないと思いますが、ご自身でベストのタイミングで行動してください。

合わせて読まれる記事

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

ハッタさん

美容師として働きながらWEBの勉強をしております。

自分のお店のホームページと自分のブログをメインに扱い、こっそりと違うサイトを作って小遣い稼ぎ中。

自社サイトやブログを立ち上げたい時には是非ご相談ください。

プロフィール詳細はコチラ

Twitterのフォローもお待ちしてます。

-モバイル
-, ,

Copyright© HH-STYLE.COM , 2019 All Rights Reserved.