モバイル

携帯ショップで有料サービス加入を勧められたら…「断る」が正解

更新日:

有料サービス加入を勧められる




携帯ショップで契約をするときに「○日間無料のサービスに加入していただくと割引となります」みたいなこと言われたときないですか?

「無料期間中に退会していただいても結構ですので」と説明をしてくるも、そんな意味もないものは入りたくないのが当たり前。

私ハッタ、過去iPhone5sを契約しようとしたときに「複数のサービス(無料期間付き)に加入していただかないと販売できません」と言われました。おかしいなと疑問に思いもう一度確認しましたが、iPhone5sを契約するには絶対条件とのこと。

ハッタ
そんな馬鹿な契約方法あるかいな!

「オンラインショップでは加入は必要ないですけど?」と言っても聞いてもらえなかったので、その日は契約せずに帰りドコモのHPからカスタマーサポートに問い合わせすると『ドコモからショップにそういった指示(サービス加入)はしていない』と返事をいただきました。

ハッタ
やっぱり加入しなくていいんじゃん!

 

この記事は《携帯ショップで余計な有料オプションサービスを強制的に加入させられたら断ってもいいんです》という内容の話となっています。

 

有料サービスに加入させることでもらえる報奨金の存在

どの世界でもあるように、形態の業界にも"報奨金"というものがあります。

特定のサービスに加入してもらうことでショップ側に支払われます。

なので契約にはサービス加入が必須と言っておけばショップ側には自然と報奨金がチャリンチャリンと入ってくるわけですね。

加入する側も「すぐ退会すればいい」と言われるとじゃあやろうかという気持ちになってしまいます。

言っちゃあ悪いですがボロい商売です。

ではだれが報奨金になるものを支払っているのか?

 

「すぐ退会してOK」の落とし穴

 

報奨金はサービス加入者が支払っています

 

すぐ退会してOKであればだれでもすぐやめると思います。

しかし、ある一定数の人は退会の作業を後回しにします。また、どれを退会していいかわからなくなり放置する人もいます。

○日間無料で利用することができても、期間終了以降は自動的に有料に切り替わりキャリアの支払いから一緒に引き落とされることに

無料期間が過ぎたことに気づかずに使い続け、思い出した頃には数千〜数万円支払っていたというケースも。

とりあえず無料期間内だけでもという甘い誘いから、何千人以上の人から毎月支払いをしてもらえればサービス提供側は報奨金を支払うことも無料期間を設定することさえもたいした出費ではないのです。

 

ショップでサービス加入を勧められたときの対応

おもしろいのは加入してくれというショップ側が数日〜1ヶ月以内に退会していいサービス名を紙に書いて残しておいてくれていることです。

加入を勧めておいて退会をすぐできるように促しているのですから。不思議なものです。

ショップもわかっているんですよね、一定数の人が退会し忘れて支払い続けていることを。だからこそ、昔から続く決して良いとは言えないやり方を続けているのでしょう。

 

そんな初月無料のような無慈悲なサービス加入を勧められた場合、どうすれば断れるのか?

きっと断りにくい空気もあるでしょうが「嫌なら嫌」と言うべきです。

もし嫌と言っても加入が絶対のように言割れた場合は「本社に問い合わせします」で十分だと思います。

本体がそういった指示を指定ないとのことなので、ショップ側が勝手にやっていることは明らか。ショップとしてもクレームが本社に入るのは嫌だと思うので、無理に勧めてくるのはやめるでしょう。

 



サービス加入を勧められたら:まとめ

もしかして今現在、加入しているものがあったりしませんか?

そういったことがあると、いらない出費が続いていることもあるのでしっかりと確認しておきましょう。

 

ショップで加入すると〜と言われても必要ないことをしっかりと伝えて、スマホの契約をするようにして下さい。

祈願限定無料のサービスは断ることができます。

 

合わせて読まれる記事

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

ハッタさん

新潟県に生まれ美容師として働きながらWEBの勉強をしております。

自分のお店のホームページと自分のブログをメインに扱い、こっそりと違うサイトを作って小遣い稼ぎ中。

自社サイトやブログを立ち上げたい時には是非ご相談ください。

プロフィール詳細はコチラ

-モバイル
-,

Copyright© 僕の私の脳内メモ , 2019 All Rights Reserved.