ガジェット

メモがとれるタブレット『reMarkable2』で紙のノートが要らなくなるかも

remarkable

普段からiPad Proを使ってる筆者ですがやはりタブレットでメモがとれるのはすごく便利なんです。

タブレットとスタイラスだけあれば他にペンや消しゴムなど余計なものが不要になるので、手持ちの道具を減らすことができます。これだけあればセミナーなどでメモ・写真・動画を一つの道具でまかなえるようになります。

ちなみに私は『GoodNotes 5』というアプリを使用していて、ペンの色を選べたり写真を貼り付けることも可能となっています。タブレットを使った手書きのメモは一度使ったら手放せないデバイスになること間違いなしです。

 

さて、ここからはメインの『reMarkable 2』を紹介していきます。

『reMarkable 2』はメモ用としては最強のデバイス

「まるで紙のように感じる唯一のタブレット」

もうこの言葉に違和感を感じません。紙を愛するすべての人に使ってほしいです。

 

AmazonのKindle PaperWhiteでも使用されている紙の質感にものすごく近い液晶のE-inkを採用していて、目が疲れない仕様になっています。

普通のスマートフォンのような液晶ではないので長時間見ていても目がチカチカしないですし、反射もないので間違いなく普段遣いではトップの使い心地です。

スタイラスの遅延もほとんどゼロなので、メモをとるときの独特なストレスはないものと思っていただいて良さそうですね。

その様子は動画で見ていただ方が早そうです。(1:13〜始まります)

スラスラと書ける様子がよくわかりますね。

私はセミナーなどにiPadを持っていく予定で購入しましたが、すでにタブレットを持っていてメモやノートとして使いたい人には使ってもらいたいです。

 

reMarkable2販売サイト

いいなーと思っているのですが、販売サイトは海外で日本語対応していないんですよね…

雰囲気は何となく分かるのですが、文字が読めない不安は拭えません。

ただ、今なら事前予約を開始しているみたいでだいぶお得そうなんです。

reMarkableが事前予約でかなりお得になる模様

セット内容

  • 本体
  • スタイラス
  • カバー(入れ物)
  • ケーブル

※読めないので画像から判断しておそらくです

なんと合計137ドルもお得に。日本円にしたら15,000円ほども安くなるなんてありがたい話です。

いろいろと付属品がついてくるのに本体代だけでいいって、、、というか本体も399ドルってiPad Proを購入した私からしてみると安すぎてびっくりです。

まぁその分、メモとしてしか使えないのでどう考えるかですけどね。

英語が読めて購入してみようかなという方はぜひ感想を教えていただけたらなと思います。

 

先代はAmazonでも購入可

調べてみると発送に数日かかるみたいですがAmazonでも販売しているみたいです。

ただ、値段が、、、なかなか高い。

2が45,000円ほどで購入できることを考えると、ケーブルなどの付属品があるとはいえわざわざ先代を購入する必要はないのかなとも思います。

なんならここまでスラスラではないですけどノーマルiPadも40,000円弱から買えるので何を優先するかですね。(スタイラスは別)

なんやかんやでこういったデバイスは使ってみたくなるので私も余裕があればノート代わりに1代買ってみてもいいかなと思います。

合わせて読まれる記事

-ガジェット
-

© 2020 HH-STYLE.COM