美容師

美容師ブログ

新メンバーをお店に迎え。ちょっと嬉しい、期待を超えてくれた瞬間。

3月から新しいスタッフが入社しました。 21歳(31年4月現在)ピチピチの男の子です。キリッとしつつも中性的な表情の彼に女性スタッフ・女性客はキャーキャーではないでしょうか。 若い男子が入社したことによりハッタのポジションは一気に『おじさん枠』へと追いやられました。大変悔しい想いをしております。 本来であれば、わざわざハッタが自分のブログで紹介記事を書くような話ではないのですが、少し違った目線で彼についての記事を更新してみようと思います。     新人:島宗という男(ハッタの目線) 初 ...

なりたい職業 やりたい仕事

美容師ブログ

「なりたい職業」と「やりたい仕事」をすることは必ずしも一致しない

カリスマ美容師ブームのときほどではないですが、今でも「美容師になりたい!」って夢を見て美容専門学校に進路を決める子はたくさんいます。 その中のほとんどの子は、県内外の美容室に務め憧れの美容師になります。夢にまで見た美容室での実務、華やかでおしゃれな世界、個性を活かせる仕事。 そう思っていた夢の舞台、待っていた現実はきっと想像からちょっとずれたところにあるのかな。 そして数年後には半数以上が美容師を辞めていきます。   それはきっと『なりたい職業に就いても、やりたい仕事ができなかった』からだと思い ...

市販のスタイリング剤

美容師が質問に答える

市販のスタイリング剤で何がいいですか?に対する美容師の答え

市販のスタイリング剤で何がいいですか?   おいおい、なに面白いこと聞いてるんだ?   ハッタ美容師が市販の商品を使うはずないだろ といいたいところですが、使ったことあります。 そしてだいたい「う〜〜〜ん」ってなります。     いきなり結論:市販のスタイリング剤は95%勧めない 理由 シャンプー1回で落としにくい 伸び馴染みが足りない 使ってなかったやつが固まってる シャンプー1回で落ちない 髪の毛ってしっかり洗っておかないと、スタイリング剤が残ります。 とくに変 ...

美容師が質問に答える

モデルみたいにカットとカラーを違う美容室にするのはあり?

カラーは〇〇がいいけれど、カットが雑で好きじゃない。 一般人がモデルみたいにカラーとカットは別々のお店にしてもいいのかな? そういった質問をいただきました。 そんな質問にお答えしてみたいと思います。     質問内容 性別 女性 年代 20代後半 職業 ? 質問 内容 美容室のかけもちはありですか? 補足 情報 いま通っている美容室はカラーは好みが合って好きだけど、カットは雑に扱われてしまうそう。左右の長さを気にしてもらえないとのこと。   インスタなどSNSで見るモデルさん ...

崖っぷちですよ

ブログ

一部の美容師は値下げ根性が染み付きすぎ?安売り好きすぎ?

昨今の美容室事情、値下げ合戦が止まりません。 ハッタ非常に悲しいです 何が悲しいかといいますと、値下げの判断をしているのは美容師歴の長いオーナーさんたちだということ。 何年も何十年もかけて学んできた技術・知識を平気で安売りしちゃってるんですよね。 自分のカットやその他技術の価値が低いことを認めちゃってるんです。 ハッタが客ならそんな人に髪の毛をお願いしたくはないです。 だって、自信がないからカット料金下げてるんですもんね。 切られてるお客さんも安い値段に甘えないで、気に入ってる技術なら「もっと取っていいで ...

ブログ

大人の男がチャラいと言われて泣いた夏の話

30を超えた大の大人が言われたんだ。   誘い方がチャラい   そりゃもう「えぇっ… なんでや」ってなりすわ。 正直、死ぬほどショックだったし1ヶ月経っても引きずってます。   ハッタ女ってなんやねん   ということで、こんなチャラいと言われてしまった経緯を書いてみます。 関連 ちなみに昔「美容師=チャラいって考え方はやめよう」って記事書いてます。   チャラいと言われた経緯 飲み会で知り合った女子経由で、ハッタと飲みたいって言ってくれた子がいたんです。 ...

美容師があなたの質問に答えます

美容師が質問に答える

せっかく美容師がブログしてるんだからお客様の質問に答える企画をやります

ハッタどーも、見る人から見ればハンサムな美容師ハッタさんです   ふと最近思いました。   ハッタオレって美容師じゃん? プロじゃん? 一般の人より髪の毛のこと知ってるじゃん? 質問に答えてったらみんな嬉しいんじゃない?   というところに行き着きました。 だって悩みがあったらみんなプロに相談するでしょ?   ということで 「お悩み大募集〜〜〜!!」   企画というよりも、このブログで一つのカテゴリとして美容師らしい記事も作っておきたいので協力お願いいたし ...

美容師にだって苦手なタイプはいる

ブログ

美容師も人間、イヤな人や苦手なタイプはあるもんです

美容師って普段からいろんなタイプの人と触れ合う仕事です。 「だれとでもコミュニケーションとれてすごいですね」 とか言われますが、技術を抜きで考えると《ある程度のコミュ力》があればだれでもできます。 《ある程度のコミュ力》とはわりと自由気ままに会話のキャッチボールと身振り手振りをつけたコミュニケーションです。 なんなら多少美容師側にコミュ力がなくても、相手がうまく会話の誘導をしてくれます。 わりと面白いのは、そのことを美容師側が気づいてなくてコミュニケーションが上手いと過信しちゃってる美容師がいること。 「 ...

本質的な思考

ブログ

自分の考え方・価値観が間違いなく一番!!

ハッタじゃないから世の中大変なんだよね 自分の考え方が一番なんだっていう自信はすごく大事なものだけど、それが過信にならないように気をつけなければいけません。 あんまり人に言うことはなかったけれど 『美容師として仕事をする上で大事なのは自信(誇り)。でも成長する上でいちばん邪魔なのも自信(プライド)』 ハッタこの違いはわかるかな? これを解説します。   解説 自信とは自分の【考え方・価値観】に対する絶対値の大小。 自分のやっていることが正しいんだと思えば思うほど自信ありってことになります。 自分 ...

メンズ,美容師,美容室

美容師ブログ

東京の美容師がうまいのはヘアカタログに載せる写真を撮るときだけ説

どーも、東京で美容師をしている(していた)ことを武器にしている美容師を露骨に嫌う田舎モノ美容師ハッタさんです。   以前、「東京・青山・表参道で働いてましたって肩書(笑)」このようなブログを書きました。 その『東京』って言葉でお客さん呼ぶの!?笑的な意味です。わりとディスってます。 ではなぜ『東京』に対してそんな風に思うのか?   知人の実話(体験談) 20歳前後で新潟から東京へと上京した女の子。今は30歳手前くらいになり、小さな子どもを持つ母になっています。 お盆なので久しぶりに新潟 ...

備忘録

備忘録(美容師、料金、技術、価値、お金、インフレ)

※これは個人的な意見を備忘録として記事にしたものです。興味のある方はどうぞ御覧ください。   昨今の美容室のカット料金の大変動。 高価格と低価格での開きがありそうなのは東京。 人によっては『1カットで10万円』いただくとか言ってます。 それは価値だから良しとしましょう。 逆に1カット1000円。 これが大問題。 大問題と気付いてない美容師は即刻ハサミをおいたほうがいい。 ハサミをおいたほうがいいと言われて「ムッ」ときた1000円カットの美容師は明日から料金を上げろ。 なぜなら美容師という仕事に誇 ...

読まれるために書くブログ

web・ブログ制作

美容師さんがだれかに読んでもらえるブログを書くために

どーも、美容師ブログの垣根を超えていろんなヒトから読んでもらえるブログを書くようになってきた美容師ハッタさんです。 最近フェイスブックでブログをフィードに流すと『いいね』を押して貰える回数が増えてきました。 自分の友達関係の中からだけであればぼちぼちって思うのですが、この頃『友達以外からのいいね』がすごく増えてきています。 これってなんかすごく嬉しことですね! ありがとうございますm(__)m お店が始まって1年位してからブログを書くことを続けているのですが、そこから計算すると約3年ほどブログを書き続けて ...

美容師ブログ

うちで一番歴の長い美容師カナコに言われた事

もともと2人で始めたお店。 スタッフを増やしていけたらいいねと広めのテナントを借りました。 施工が終わり店舗が出来上がったときはだだっ広く、2人で仕事をするには寂しい空気が少しはあるくらい。 それでも根が賑やかな人間が揃っていたので2人のわりにいつもガヤついていたような気がします。 そんなお店に縁があって入社してきた最初の勇者カナコ。 初めましてでパッと見た目まるで肉団子に布をかぶせてきたかのようなパツパツ感。じゃっかんスタッズの付いたトゲのある思春期真っ盛り風の若者がとりあえずでララチッタに決めてくれま ...

美容師ブログ

新デザイン名刺が到着!!これできちんと挨拶ができる。

どーも、ハッタさんです。 先日名刺を作ると言ってブログを書きましたが、、、ようやくデザイン入稿後して現品が届きました! 先日のブログは名刺に書く肩書きで悩んでます的なところから美容師の肩書について調べてみたら細かい記事になってしまった。 なので今回は簡素に。 NEW名刺 はぁぁ幸せ。笑 生まれて初めて本格的に自分で名刺のデザインした。 デザインのテーマ これはマテリアルデザインというものを使用しました。 マテリアルデザインとは マテリアルデザインは「紙」と「インク」の要素でできている。 マテリアルデザイン ...

美容師ブログ

ヘアスタイルでコンプレックスを解消!髪型の8割は前髪・顔まわりで決まる!

みんなが持つコンプレックス。もしかしたらカットで解消ができるかも!?前髪や顔まわりの作り方次第で今までと違った印象になってコンプレックスを解消しましょう。

美容師の役職ってなににすればいいの?

美容師ブログ

美容師の肩書きと役職って多すぎない?そんなに意味あるの?

名刺を見るといろんな役職・肩書きを持った美容師が多いですよね!その肩書きがどれだけすごいのか?経験値豊富で肉厚な肩書きか、紙のように薄っぺらい肩書きか…。ハリボテの肩書きは避けたいところです。

美容師

美容師ブログ

美容師と交際して「ドン引き」したって話

美容師と付き合って「ドン引き」体験したことある人はいるかな?もしかしたらイメージと違うこともあるかもね!

美容師ブログ

お客様は全員を特別扱いしています!ただし「贔屓」もしてるよ

来てくれるお客様は全員等しく特別な存在です。がしかし、思うのは全く同じ接客・接遇をしていても本当の平等な扱いにはならないということ。

風船

美容師ブログ

後輩スタッフに怖い先輩と思われるのがいいことか?注意することの難しさ

仕事をしていくうえで後輩に注意したりします。そんな先輩を後輩ってどんな風におもっているのだろう??

美容師ブログ

東京・青山・表参道で働いてましたって肩書www

地方でよくきく「東京・青山・表参道」でスタイリストしてましたってゆーワード。なんの役に立つんだろう?

ヘアカラー

美容師ブログ

ヘアカラーによる頭皮のジアミンかぶれの症状+α

ジアミンかぶれについて一般の人も見れるようなかたちで詳しく書いてあるサイトを見つけたので抜粋しましたよ。

悲しい

美容師ブログ

ヘアカラーによるジアミンかぶれが仕事にも影響がではじめた

誰もがアレルギーと向き合うことがsルとは思いますが、そのせいで仕事に影響がでると思うと残念で仕方がないです。

美容師ブログ

ダメージを最小限に抑えるためのパーマ

パーマのセミナー自体がそんな多くはないので講師をお店に召喚!やんわりゆるっとしたパーマがこんな手順でできる新たな発見にもつながりました。

美容師ブログ

クーポンに頼るからダメなんだろう?今の美容業界に対してのアンチな考察

どうしても価格競争というのが気に入らなくて・・・。この十数年をかなり自己主観的な考え方でまとめてみました。要するに競い方が違うよなって意見。

Copyright© HH-STYLE.COM , 2019 All Rights Reserved.