\ 7月31日まで /

新潟県民が新潟県内で宿泊旅行すると…

お一人につき最大5000円割引

> 詳細ページはこちら <

モバイル

【比較】UQ・Y!モバ・楽天モバの2980円は久々のヒット料金になるか

楽天モバイル(2980円)に対抗してUQモバイルやY!モバイルが打ち出してきた『データ容量10GB、超過時速度1Mbps(2980円)』はハッキリ言ってものすごくエグいプランです。(ユーザーにはメリットしかない)

MNOとしてKDDIやソフトバンクが打ち出していない金額をUQやYモバのようなサブブランドで出すことで、他のMVNO(いわゆる格安SIMを扱う会社)は戦々恐々としているのではないだろうか。

代表的なMVNOでいうとLINEモバイルで2980円のプランは「12GB/音声通話なし/SNSカウントフリー」になってしまう。もしも音声通話もしたいのであれば3480円のプランになって、データ容量は上がるが金額もそれ相応に上がってしまう。これが自社回線を持たないMVNOの限界かな?

それでいて電波の安定感はサブブランドのUQやYモバにはどうしても負けてしまう。

今まで毎月のスマホ料金を節約したければ格安SIMを取り扱うMVNOを推していたが、これからはUQ、Yモバ、楽天の3強になる気がしています。

資本的な面やインフラの条件なども考慮すると、これからますますMVNOの淘汰が進んでいきそうな気配。

この3社の打ち出してきた『ある程度自由にスマホを楽しむことができる2980円』はとんでもなくエグい内容であると断言しておきましょう。

その中でもUQモバイルは僅差で優秀な内容であると思うので比較内容を以下でまとめてみました。




UQ・Yモバ・楽天の料金やサービス内容を比較

各社が用意している料金プランはほぼほぼ横並びとなっているので、どこに差が出てくるのかを探して比較してみようと思います。

UQやY!モバはいろいろな条件次第で変わってくるのですがシンプルな比較をしたいので《1台持ち》で比べていきます。

会社
プラン名
UQ
スマホプランR
Y!モバ
スマホベーシックプランM
楽天
UN-LIMIT
料金 2980円 3680円
※条件次第で2980円
2980円
データ容量 10GB 10GB 自社エリア内無制限
auのエリアでは5GB
制限時速度 1Mbps 1Mbps 1Mbps
通話料金 20円/30秒 20円/30秒
10分以内は無料
アプリ使用で0円
解約解除料 なし なし なし
その他特徴
  • 余った容量の繰越し可
  • 通話量に応じた通話オプション
  • 条件次第で12GB
  • 2台目以降割引あり
  • 新規割で6ヶ月間2980円
  • お家割光セットや家族割(2台目以降)で6ヶ月間の割引あり
  • 国内通話無料(10分以内)
  • 300万限定1年間無料
  • 人自社エリア内無制限
  • auエリアで毎月5GB利用可
  • Rakuten Linkアプリの使用で通話量が無料

 

※Y!モバは7月1日以降の料金です

Y!モバのみ基本料金が違う

UQと楽天が通常2980円のプランを用意しているが、Y!モバのみ3480円と割高な設定になっている。

これはUQのプランに通話オプションである「10分かけ放題(600円)」を最初からつけているものと考えてよし。

ある意味通話がメインかどうかで会社を選ぶための分岐にもなるような気がする。

UQとY!モバがデータ容量10GB使える

2社が10GBを打ち出してきていますが、10GB使えるのはかなり大きいです。

SNSでも写真メインから徐々に動画へと移行してきているので必然的にデータは使用量が増えます。

Wi-Fi環境がいろんなところで整ってきているとはいっても、まだまだ通常時の通信もあるので余裕のある使い方はポイントが高め。

楽天は無制限通信がウリですがまだまだ自社エリアが大都市圏でしか整っていません。2021年には人口カバー率70%を目指しているとのこと。それまではauから回線を借りてエリアの提供をしていくことが主なので、ほとんどの人が無制限の恩恵を受けることはないでしょう。

それでも300万人限定1年間無料で使えるのは破格のキャンペーンです。

3社とも通信制限時の速度が1Mbps

今までは通信制限になると128~256kbpsくらいがメインだったが1Mbpsも速度が出ればある程度のネットサーフィンや音楽のストリーミング再生は可能である。

その点は今までのMVNOと違い制限がかかってもある程度は自由にスマホを使えるのでありがたい設定です。

通話料金で各社の設定に違い

UQでは通話オプションが3種類用意されていておおまかな通話量がわかっていれば、使い方に合わせてお得になるようなプランが選べるようになっている。

もしも通話はほとんどしない場合やLINEで通話をするのであればオプションをわざわざつける必要もないでしょう。

Y!モバはUQと違ってお構いなしに通話を10分無料にしてきています。使う側も気兼ねなく通話ができるのは良いことなのですが、選択肢がないのはなんとも言えないところ。

楽天は専用のRakuten Linkアプリがあるのでインストールしてしまえば、そのアプリで通常の電話のやり取りが無料でできるので余計なオプションは用意されていません。

契約解除料は全社なし

特筆するところはないのですが、契約解除料がないということは好きな時に他社に移れるということ。

今であれば楽天モバイルの1年間無料に乗っかって、使用感次第で1年後にはMNPで移行するというやり方もありかと思います。

その他気になる特徴

UQのデータ容量繰越しはどうなんでしょう…?おそらく10GBを余らせる人は翌月にたくさん使うとかではなく安定して容量を余らせる傾向があると思うので、比較するのに大きな特徴にはならなそうな気がします。

2台目から500円の割引があるので複数台を契約したい場合はお得になりますね。

Y!モバは他のサービスとの併用で安くなるのでご家庭の光回線がYahooで契約されている場合などはいいかもしれません。しかし、期間が6ヶ月と短いため少し微妙なものと感じています。

楽天はなんと言っても1年間無料が強みです。まだまだサービスエリアが広がっていないのを無料にすることでカバーをし、auエリアでも充実したサービスを提供しながら基地局を増やしていけます。

今の条件で買うならUQか楽天がおすすめ

Y!モバを選択するには条件がイマイチ分かりにくいところがあります。特に割引が効くのが半年間だったり、他のサービスと併用をしなければいけないのはユーザーからしてみると面倒になってしまいます。

その点、UQや楽天はシンプルな契約内容なので分かりやすくて◎

キャリアからのMNPを検討している人にも提示しやすい内容なので初心者の方に優しいです。

【3社の月額2980円のプランを比較した結論

  • 1年間無料のキャンペーン中は楽天を推奨
  • とりあえず毎月の料金を下げたい人はUQモバイルが一番

これからキャリアを離れていこうと検討している人は、ぜひ参考にしてみてください。

合わせて読まれる記事

\ この記事どうだった? /

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

ハッタさん

美容師として働きながらWEBの勉強をしております。現在サロンのホームページを含め6サイト運営中。

自社ホームページやブログを立ち上げたい時には是非ご相談ください。

プロフィール詳細はコチラ

欲しい書籍リスト

SNSのフォローもお待ちしてます。

-モバイル
-, , , ,

© 2020 HH-STYLE.COM